●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■エコミュージアムワーキンググループ

エコミュージアムワーキンググループは、活動を終了し、2008年6月2日のフォーラム幹事会の決定によって廃止されました。以下は活動していた当時の内容です。

●ビジョンと主な取組

エコミュージアムとは、地域丸ごと博物館の意味であり、地域固有の環境を守り育てていくとともに、地域社会のつながりを大切にしながら地域経済を発展させるための学びの活動です。そこで、当WGは、長期計画としては、京都市全体をまるごと博物館と見立てたエコミュージアムの実現を目指しています。中期計画としては、大原野森林公園(森)を京都まるごと博物館の1つの展示場所と見立てて、森のまるごと博物館を実現します。

●メンバー紹介

メンバーは、西山を舞台として活動する自然保護団体の人々、里山に関心のある人々、エコミュージアムに関心のある人々(コンサルタント、研究者、学生など)などが中心です。大原野森林公園の管理を委託している地元の大原野森林公園運営管理協会の人々や、委託元の京都市建設局緑地管理課と連携しながら、活動を進めています。

●これまでの歩み

■2000年度

エコミュージアムWGが活動を開始しました。先進地での活動の様子を聞き、体験する研究例会を第1回から第8回まで開催しました。

■2001年度

第9回から第14回までの研究例会を開催しました。

■2002年度

大原野森林公園をエコミュージアムのサテライトと見立てて活動を始めました。

■2003年度

大原野森林公園において、次のような活動をしました。

  1. 地元の人々と「森の案内所」の展示物を創るワークショップを兼ねた、大原野森林公園運営管理協会の楽しい研修をしました。
  2. 森の案内人のメンバーとともに公園内の調査をしました。貴重な植物も、シカに食べられる獣害にあっています。対策をねらないと……。
  3. 大原野森林公園にある炭窯で、炭焼きと、その記録づくりをしました。
  4. 人工シュラによる間伐材の集材実験をしました。

人工シュラを使った集材作業

丸太(ログウッド)ボイラー

■2004年度

メディアミックス(様々な媒体を組合せた)展示の企画・実施を行いました。


公園の情報をデジタル化して管理し、ポスター等を用いてわかりやすく共有を提供しています。

●2005年度の活動計画

次のような活動を計画しました。

●エコミュージアムワーキンググループの動き

活動していた当時の内容です。