●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■記事

2009/05/01

京グリーン電力制度 太陽光発電設備紹介①
おおみやおひさま発電所

京グリーン電力制度では、京都市内の太陽光発電設備で作られた電力の持つ、環境にやさしいという価値“環境付加価値”を、証書の形にして、京都市内で事業活動やイベントをされる事業者・行政等に販売しています。売上代金は、太陽光発電の普及のために役立てられます。この“環境付加価値”をフォーラムに提供し、京グリーン電力制度にご協力くださっている発電設備を紹介します。


■ おおみやおひさま発電所 ■
・所在地 京都市北区大宮中ノ社町35  社会福祉法人京都社会福祉協会 大宮保育園
・所有者 特定非営利活動法人きょうとグリーンファンド
・提供量(2008年度計 12,400kWh相当量)

大宮保育園では、1973年の開園当初より、山や川など自然に恵まれた環境の中で、動物や植物の命を大切にする元気な子どもに育つことを願って保育を実践しています。2006年1月の太陽光発電設備「おひさま発電所」設置以降、環境を考える発信基地となることを願い、ごみを出さないお祭りの実施など、様々な環境問題への取組を進めています。

おおみやおひさま発電所の太陽光発電パネ 同表示盤
【写真 左:おおみやおひさま発電所の太陽光発電パネル、右:同表示盤】