●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■記事

2006/09/27

中小事業者の環境取組を応援します
事業所の環境取組事例集作成
事業所の地域社会貢献事業モデルづくりプロジェクトがスタート
プロジェクト会議メンバーも募集

企業活動ワーキンググループでは、中小事業者の環境取組を応援し、下記のプロジェクトを実施します。プロジェクトのメンバーも募集中です。

1. 事業所の環境取組事例集を作成します

KES(KES・環境マネジメントシステム・スタンダード)認証取得事業所の環境報告書「かんきょうレポート」作成を促進するため、2005年度には企業活動WGを中心に京都環境賞の特別賞として「かんきょうレポート賞」を設けるなどの応援活動を行いました。しかし、残念ながら事業所からの積極的な作成・公表は見られませんでした。

一方、2005年度に企業活動WGを中心に作成した「KES PRパンフレット」に掲載した「企業の取組事例」は、掲載企業にも読者にも好評でした。

このため事業所の「かんきょうレポート」作成促進のきっかけづくりとして、また読者側からの環境活動事例の参考資料として、「環境取組事例集」の作成を行うことになりました。

今後、KES倶楽部メールニュースを通して掲載事業所を募集する予定です。あわせて、編集などを行うプロジェクト会議のメンバーも募集します。

詳しくはフォーラム事務局までお問合せください。

2. 事業所の地域社会貢献事業モデルづくりを行います

京都市の中小事業者による地球温暖化防止の取組は、KESの普及などにより進みつつありますが、普及に伴って、KESを認証取得した事業所から、省資源・省エネルギー等の取組を一通り行ったあとの新たな取組テーマを探す動きが出てきました。そこで、新たなプロジェクトとして、中小事業者が取り組める環境に関する社会貢献のあり方・方法の検討とモデルづくりを検討することになりました。

KESは当初から事業者を中心に取組が進められてきましたが、最近は学校での環境取組の強化にともない学校がKESを認証取得するケースも急増しています。そこで当プロジェクトでは、学校の環境取組が保護者(地域住民)との関わりが大きいことに注目し、KESを認証取得した企業と学校とを、KESや環境への関心を軸に結びつきを作り、「企業―学校―地域住民」の関係を一種の共同体として高めていく、「地域環境活動体」を各地域に構築することを目指すこととしました。当面、プロジェクトでは、この新しい「地域環境活動体」の構築を促進するための「環境に関する社会貢献」的活動に取り組む予定です。

詳しくはフォーラム事務局までお問合せください。プロジェクト会議への参加も歓迎します。