●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■記事

2007/03/28

イベント報告 藤ノ森小学校で出前授業 K-CSR推進プロジェクトチーム

企業活動ワーキンググループなどで構成されるK-CSR推進プロジェクトチームが、2月27日(火)に、京都市立藤ノ森小学校にて、4年生120名に対し、出前授業を行いました。

これは京エコロジーセンターの平成18年度地球温暖化防止先進モデル事業で、それぞれの地域の人たち、学校、企業が協力して環境取組を行う「環境コミュニティづくり」の一環として試行的に行ったものです。

今回は参加企業4社の事業活動に共通する電気、特に自然エネルギーに焦点を当て、「地域で働く人たちと電気について考えよう!」をテーマに、合同で45分間の授業を行いました。その企業ならではの実験機や小道具を使うなど、生徒達を最後まで飽きさせないように工夫したこの授業は、生徒や先生、その他の見学者に好評でした。

ふだんの仕事が終わってから、複数の中小事業者が集まって夜遅くまでプログラムづくり、準備作業を行うのは大変な労力がかかりましたが、事後のアンケートでは、参加事業者から「当初は会社の宣伝にもなるし、と思って始めたことだったが、自分自身の貴重な体験となり、心から喜びを得ることができたのが何よりも嬉しい」「中小企業の社会貢献だが、社員教育の一環として大変価値のあるものだと思う(経営者)」というような意見をいただきました。

このプロジェクトは2007年度も継続し、複数の地域で「環境コミュニティ」をつくることを目指していきます。プロジェクトに参加する企業を募集しています。関心のある方はフォーラム事務所までご連絡ください。

授業実施者:
有限会社村田堂 長屋さん(中京区)
生田産機工業株式会社 渡辺さん(伏見区)
株式会社エコロ21 山沢さん(中京区)
有限会社森田電設 芝原さん、森田さん(伏見区)
立命館大学研究員 田中さん


地元の企業で働いている人たちが、生徒達を「あっ」と驚かせて登場。


身の回りに、電気で動いているものにはどんなものがある? 生徒達は元気いっぱい。


私たちは、風力発電機を造ったり、利用したり、修理したりする仕事をして、少しでも環境に良いことをしようと頑張っています。


私たちの地域から、地球にやさしい電気を。有難うございました。