●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■記事

2005/11/09

宇多野ユースホステルの従業員に「出前セミナー」を行いました

昨年度エコツーリズムWGでは、旅館・ホテルの環境問題への取組をサポートするために従業員向けレクチャーやワークショップを行う「出前セミナー」を考案しました。宇多野ユースホステル(以下YH)ではKES認証取得に向けて取り組んでいかれる予定であるため、その一環としてセミナーを実施することとなり、ワーキンググループのメンバーが講師として、YHに出向きました。もともと同YHでは、生ごみの堆肥化、グリーン購入といった環境対策に熱心に取り組んでおられることもあり、従業員など12名の方々が、熱心に耳を傾けてくださいました。

セミナーでは、京都の観光の現状や、宿泊客が要らなくなった古着を置いていって、ほしい人がもらっていくというシステムといったユニークな取組など宿泊施設の環境問題への取組事例について、ビデオやパワーポイントを使って説明しました。その後の、どうすれば同YHで環境取組をより進めていけるかについての意見交換では、「定員が170人近いので、満室の時には個々の宿泊客への呼びかけが難しい」「食事を食べずに捨ててしまうお客さんがいるので、捨てずにすむ方法を考えたい」といった意見が出されました。YHの所長でWGメンバーの高田さんからは、「セミナーには就職して1~2年目の従業員が多く参加した。各施設の事例を知り、規模は違うが、工夫やヒントを得ることができ、刺激になったと思う」という感想をいただきました。

今後、ほかの旅館・ホテルでも出前セミナーを開き、環境問題の取組を応援していきたいと考えています。


※出前セミナーについてのお問合せは、フォーラム事務所までお願いします。