●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■旧メールニュース(各号)

 「地球温暖化防止京都ネットワーク」のイベント情報をお届けします。
---

地球温暖化防止・京都発で何ができるか-ゴミと交通から考える-

【日時】2002年7月21日(日)13:30~17:00
【場所】せいきょう会館4F会議室
    京都市中京区烏丸夷川東南角(地下鉄「丸太町」南口から3分)
【主催】地球温暖化防止京都ネットワーク
【申込・問合】TEL:075-251-1001 FAX:075-251-1003
【参加費】300円(資料代)
------------------------------------------------------------------
◆基調講演/地球温暖化防止・京都発で何ができるか
 植田和弘(京都大学教授)
◆京都のゴミ問題<質疑・報告・討論>
 報告者:松本仁・他-京都ネット・ゴミ問題委員
◆京都の交通問題<報告と討論>
 報告:京都の交通政策と京都ネットの活動
 報告者:右衛門佐美佐子(天然デザインフォーラム)
------------------------------------------------------------------
COP3でまとめられた「京都議定書」は、今年8月のヨハネスブルク「地球
環境サミット」にむけて、各国で批准作業がすすめられています。わが国
でも批准手続きを終え、「京都議定書」の目標にむかって、国内対策をど
うすすめるのかが問われています。とりわけ議定書にその名を冠された京
都は、自らの決めた一段高い目標の達成に、実効ある取り組みが求められ
ています。
このようななかで、地球温暖化防止京都ネットワークは特に重視してきた
「交通問題」に加え、「ゴミ問題」にも論議を深めることといたしました。
皆様のご参加と、積極的なご発言をお待ちいたします。

------------------------------------------------------------------
交流会-地球温暖化とツバル-
------------------------------------------------------------------
 また、同日6:00~、太平洋の南の島国-ツバル-の政府気候変動担当官の
セルカーセルカーさんとの交流会を行います。地球温暖化に起因する海面
の上昇で最初に海に沈むとされている南太平洋の島国ツバル。国連の気候
変動に関する政府間パネル(IPCC)は2100年までに地球の海面が
最大で88センチ上昇するとの見通しを発表。それを受けてツバルは、国
民を段階的に別の国へ移住させ、最終的には全国民を国外に避難させる決
断を下した。国を捨てるまでの決断を下したツバルに、今何が起きている
のか。海面の上昇によって国民の生活基盤が奪われているツバルの実態と
地球温暖化の最前線からツバルが行なった捨て身の問題提起をお聞きしま
す。
------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------
京のアジェンダメールニュース  http://www.jca.apc.org/ma21f/news/
ご意見・ご質問・広報依頼は → E-mail:ma21f-news@jca.apc.org
----------------------------------------------------------------