●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■旧メールニュース(各号)

******************************************************************************
週刊あじぇんだ/第18号                       2002/02/20
******************************************************************************
    「京のアジェンダ21フォーラム」がお届けする環境まちづくり情報 from 京都
                    http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
今号の内容 ===================================================================
(1)03/01(土)パートナーシップで進める京都市TDM施策総合計画/京のアジェンダ
------------------------------------------------------------------------------
(2)02/22(土)ストップザ温暖化京都市民会議・全体会議/京都市環境政策課
------------------------------------------------------------------------------
(3)「京都議定書応援団」に参加してください/ライフスタイルワーキンググループ
------------------------------------------------------------------------------
(4)アジェンダ会員・関係団体のイベント情報
  --------------------------------------------------------------------------
 02/22(土)歩行者の復・と自転車の安全利用シンポ/国土交通省・京都府警・他
 03/06(木)~04/03(木)自主活動支援講座・企画書を作る/北青少年活動センター
 03/14(金)シンポジウム 21世紀の課題・地球温暖化と水問題/気候ネットワーク
------------------------------------------------------------------------------
(5)京のアジェンダ21フォーラム/ミーティング&行事予定
==============================================================================
_______________________________________
(1)03/01(土)パートナーシップで進める京都市TDM施策総合計画/京のアジェンダ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 交通ワーキンググループ全体会議

 京のアジェンダ21や京都市基本計画でも重点課題に掲げられている環境に配慮した持
続可能な交通システムを実現する具体的方策として、京都市では TDM(交通需要マネジ
メント)施策総合計画が検討されています。この計画を実効性あるものとするためには
市民とのパートナーシップが大切です。近日、その計画案について、幅広い市民の意見
を聞くためのパブリックコメントが実施される予定です。フォーラムでも、この計画に
ついて広く情報共有を行い、今後のフォーラムでの交通ワーキンググループの取組との
協力連携について考えるワークショップを下記の通り開催します。

◆日時:2003年3月1日(土)14:00~17:00
◆会場:京都YMCA三条本館地下ホール(中京区三条柳馬場南東角)
◆参加費:無料 ◆定員:100人
◆プログラム
 1.京都市TDM(交通需要マネジメント)施策総合計画の概要説
  明と質疑応答(市交通政策課から説明予定)
 2.交通ワーキンググループの本年度実施した事業について、
  都心総合、自転車、公共交通の3タスクから報告
 3.交通ワーキンググループの来年度の活動計画について協議
------------------------------------------------------------------------------
「公共交通の未来を創る京都市民宣言」をつくります
 昨年7月より6回にわたり開催してきた「京都の公共交通の未来を創る市民フォーラ
ム」での議論内容を基礎に、利用者本位の公共交通を創る市民行動や公共交通改革の方
向性を示す市民宣言を作成し、第7回市民フォーラムで採択します。

 宣言起草委員会:2/25(火)3/11(火)いずれも19:00~ 朝日ビル(柳馬場御池)
 市民フォーラム第7回(最終回):3/15(土)14:00~17:00 京都YMCA三条本館
_______________________________________
(2)02/22(土)ストップザ温暖化京都市民会議・全体会議/京都市環境政策課
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 始めよう!広げよう! 京都発ストップザ温暖化

 海面の上昇によって海に沈む国が現実となっている今、地球温暖化対策は待ったなし
です。また、それを実効力あるものにするためには、市民一人一人が率先して行動する
ことが求められています。昨年12月に行われたブロック会議では、幅広い分野にわたる
取組が報告され、4会場で約300 人の市民の皆さんが熱く語り合いました。全体会議で
は、ブロック会議での議論を踏まえ、温暖化防止に向けた行動につなげていくための宣
言を、市民の皆さんの手でまとめます。地球の未来は皆さんの取組にかかっています。
どのように行動に移し、取組の輪を広げていくのかを共に考えましょう。

◆日時:2003年2月22日(土)14:00~16:30 13:30開場
◆場所:京都産業会館8階 シルクホール(下京区四条通烏丸西入ル南側)
◆定員:700名 ◆参加無料
◆申込方法:住所・氏名・TEL・FAXを明記の上、京都市環境局地球環境政策課まで
◆主催・問合:京都市環境局地球環境政策課
       E-mail: ge@city.kyoto.jp FAX:075-222-4039 TEL:075-222-3452
◆内容:
 1)「ストップザ温暖化京都市民会議・ブロック会議」概要報告
 2)「ストップザ温暖化京都市民会議宣言(仮称)」採択
 3)講演会:RE(再)の時代 -私たちに出来ること-
  講師:岡部まりさん(タレント・エッセイスト)
     長崎県出身。福岡女学院短期大学英語科卒業。在学中からモデル、ラジオの
     DJを始める。卒業後上京し、テレビ、ラジオのパーソナリティの他、女優
     業、執筆業と活動の幅を広げる。朝日放送「探偵!ナイトスクープ」などに
     出演中。「だから、ひとりが楽しい私」(講談社刊)など著書多数。

_______________________________________
(3)「京都議定書応援団」に参加してください/ライフスタイルワーキンググループ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 3/01(土)京都から始めよう!ストップザ温暖化
------------------------------------------------------------------------------
 2003年、京都議定書がようやく発効する見込みです。今や、京都は歴史観光都市とし
てだけでなく、議定書採択の都市(City of Protocol)として日本人が思っている以上に
世界的に有名です。だからこそ京都は地球温暖化防止に取り組む世界中の都市の模範と
なるように、率先して温室効果ガスの削減に取り組むことが期待されています。京都の
名前が冠せられたこの議定書を実態あるものにするべく私たちはこの京都から地球温暖
化防止の実効性ある行動を早急に起こさなければなりません。

 そこで、京のアジェンダ21フォーラムから呼びかけ、国内外に温暖化防止に向けた京
都市民の姿勢と行動をアピールしていくため、「京都議定書応援団」キャンペーンをス
タートします。

◆実施内容(予定):
 1.キャンペーン賛同団体は期間中に地球温暖化防止の学習会や実践活動等のタイアッ
  プ事業を実施。キャンペーンロゴマークを案内等に利用して広報で連携。賛同団体
  の期間中の取組は http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/ に紹介。
 2.京都議定書発効記念シンポジウムを関係団体機関と共同開催。
 3.温暖化防止のための環境社会実験を実施(省エネ製品グリーンコンシューマーキャ
  ンペーン、詳細は「週刊あじぇんだ」次号を待て!)
◆キャンペーン期間(予定):
 3月1日(土)から京都議定書発効までを目処。

※ストップザ温暖化京都市民会議・全体会議(2/22)でも概要を説明いたします。
 ご参加ください。全体会議の詳細は上記(2)を参照ください。
_______________________________________
(4)アジェンダ会員・関係団体のイベント情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 02/22(土)歩行者の復・と自転車の安全利用シンポ/国土交通省・京都府警・他
------------------------------------------------------------------------------
 京の歩いて暮らせるまちづくり「歩行者の復・と自転車の安全利用」シンポジウム

 京都市内をはじめ、京都府内には世界に誇る歴史文化資産が多数あり、また古い町並
みが多く残っている中で、モータリゼーションの到来と共に交通についての様々な問題
に直面しており、車中心の社会からの転換が求められています。このことは地球環境や
交通需要マネジメントの視点からも重要です。また、我が国の過去3年間の交通事故平
均発生件数は年間約94万件、過去3年間の交通事故による平均死者数は年間約8700人と
高い状況にあります。このように道路交通を取り巻く環境が厳しいなか、平成15年度以
降国土交通省と警察庁がタイアップして、歩行者・自転車の通行が多い住居系・商業系
の地域における交通事故抑止を目的とした「あんしん歩行エリア」を設け、速度規制や
ハンプの設置等により通過車両を抑制するとともに、沿道と協働した緑化、無電柱化を
行い、より質の高い生活環境を創出する総合的な安全対策を面的に進める予定です。

 生活や観光の交通手段として「京の歩いて暮らせるまちづくり」というテーマで、歩
行者の復・と自転車の安全利用について議論できる場としてシンポジウムを開催いたし
ます。多くの方々と考え、行動するための情報発信になればと考えております。

◆日時:2003年2月22日(土)13:30~16:00(13:00開場)
◆会場:先斗町歌舞練場(京都市中京区先斗町三条下ル)
   ※入場無料、ただし当日の先着順
◆主催:国土交通省京都国道事務所、京都府警察本部、京都府、京都市
◆後援:KBS京都、京都新聞社
◆内容
 1)開会挨拶 国土交通省 京都国道事務所長 野田 勝    13:30
 2)基調講演 京都大学大学院工学研究科 中川 大 助教授  13:35
 3)パネルディスカッション                 14:25
   (コーディネーター)京都新聞社 論説委員 寺島 晃
   (パネリスト)
    池坊由紀(華道家元池坊 次期家元)
    佐藤友美子(サントリー不易流行研究所 部長)
    中塚和子(京都府警察本部交通企画課)
    ・村久子(京都女子大学現代社会学部 教授)
    三浦真紀(国土交通省道路局地方道・環境課 道路交通安全企画官)
    ワダエミ(衣装デザイナー)
 4)閉会挨拶(京都府警察本部 交通部長 田邉政巳)      15:55

------------------------------------------------------------------------------
 03/06(木)~04/03(木)自主活動支援講座・企画書を作る/北青少年活動センター
------------------------------------------------------------------------------
 自主活動支援講座マネジメントセミナー
 想いをカタチにしよう!!~“使える”企画書を作る~

 環境教育や地域活動(まちづくり、子どもと遊ぶ…などなど)に取組んでいる人、こ
れからやってみたいと思っている人を対象にした、想いをカタチにするための企画書の
作り方からプレゼンテーション、運営方法等を学ぶ講座です。パート1では、“自分の
想いをカタチにする”第一歩として、企画の基本を学びます。

◆日時:2003/3/06,3/13,3/20,4/03(木曜日)19:00~21:00
◆会場:京都市北青少年活動センター 中会議室
◆対象:京都市内に在住、在勤、在学の中学生から30歳までの方
◆定員:15人 ◆参加費:4,000円(全4回分)※中学生以上18歳までの方は2,000円
◆申込:TEL/FAXにて受付
◆主催・問合:北青少年活動センター http://www.ys-kyoto.org/kita/
       TEL:075-451-6700 FAX:075-451-6702 E-mail:nishiho@jade.dti.ne.jp
       (開館時間:平日10:00~21:00/日祝10:00~18:00 ※水曜休館)
◆内容:
1)03/06(木)19:00~21:00「企画について~企画の基本」
 何かやりたいと思った時、まず何が必要なんだろう…。企画の基本を学びます。
 講師:西村 仁志さん(環境共育事務所カラーズ代表)
2)03/13(木)19:00~21:00「資金、人や他団体との関係作りについて(1)」
 お金の工面、リスク、人や社会資源の活用…などについて、具体的な例から企画に必
 要な要素を学びます。
 講師:西村 仁志さん(環境共育事務所カラーズ代表)
 事例発表:藤原 大介さん(劇団飛び道具座長)
3)03/20(木)19:00~21:00「資金と人や他団体との関係作りについて(2)」
 活動をより組織的に運営するためには…?NPOの事例から学びます。
 事例発表:山本時子さん(NPO法人きょうとグリーンファンド理事)
4)04/03(木)19:00~21:00「さあ!企画書を作ってみよう~企画書作成と検討~」
 これまで学んだことをもとに、実際に想いを実現できる“使える”企画書を作ってみ
 よう。
 講師:西村 仁志さん(環境共育事務所カラーズ代表)

------------------------------------------------------------------------------
 03/14(金)シンポジウム 21世紀の課題・地球温暖化と水問題/気候ネットワーク
------------------------------------------------------------------------------
 地球温暖化問題はますます深刻になり、氷河の融解や海面上昇などの被害が既にあら
われています。水不足や洪水など様々な形の水に係わる問題が深刻化しています。温暖
化と水、この2つの環境問題は密接にまた複雑に関連しているため、両問題を同時に解
決していく方法を探り実践していかなければなりません。
 このシンポジウムでは、ヨーロッパと米国からゲストを招き、地球温暖化問題と水問
題の関連、温暖化対策としての大型ダム建設の問題などについて考えます。

◆日時:2003年3月14日(金)18:30~21:00
◆会場:ハートピア京都 大会議室 市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車すぐ
    京都市中京区竹屋町通烏丸東入る TEL:075-222-1777
◆参加費:一般500円、気候ネットワーク会員無料
     事前申し込み不要です。直接会場へお越しください。
◆主催:気候ネットワーク 京都市中京区高倉通四条上ル 高倉ビル305 〒604-8124
    TEL:075-254-1011 FAX:075-254-1012 E-mail:kikonet@jca.apc.org
◆後援:世界水フォーラム市民ネットワーク
◆協力:FoE Japan
◆報告(逐次通訳あり)
・地球温暖化と水問題、ヨーロッパの視点から
 Karla Schoeters氏(気候行動ネットワーク・ヨーロッパ)
・京都メカニズムの仕組みと課題
 平田仁子(気候ネットワーク)
・大型ダムは温暖化対策となりうるか
 Patrick McCully氏(米国NGO・国際河川ネットワーク)
・コメント:浅岡美恵(気候ネットワーク)

<報告者紹介>
○Karla Schoeters (カーラ・シクータース)
 生物学専攻、中国での研究、ベルギーでの環境コンサルタント活動を経て、現在CAN
 ヨーロッパのディレクター。同ネットワークは、ヨーロッパ全体の、気候変動やエネ
 ルギーの政策提言活動と温室効果ガスの排出削減活動に取り組んでいる。またヨーロ
 ッパの気候変動・エネルギー政策を国内政策に反映させるよう支援している。
○Patrick McCully (パトリック・マッカリー)
 米国NGO・国際河川ネットワーク(International Rivers Network)のキャンペーン
 ディレクター。国連環境計画(UNEP)のダムと開発部門・多部門運営委員メンバー。
 著書に「沈黙の川」Silenced Rivers: The Ecology and Politics of LargeDams 
 (London: Zed Books, 1996 and 2001) など多数。

_______________________________________
(5)京のアジェンダ21フォーラム/ミーティング&行事予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
02/23(日)13:00~ ライフスタイルWGごみ減量化交流会/京エコロジーセンター
02/24(月)18:30~ 自然エネルギーWG/京エコロジーセンター会議室
02/25(火)10:00~ 食の循環WG/フォーラム事務所
      19:00~ 公共交通フォーラム起草委員会/朝日ビル
02/26(水)19:00~ えこまつりWG/フォーラム事務所
03/01(土)14:00~ 交通ワーキンググループ全体会議/京都YMCA三条本館
------------------------------------------------------------------------------
ご関心をおもちの方は、会員・会員外に関わらず、広くご参加ください。
参加希望・問合せは京のアジェンダ21フォーラム迄 → ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

******************************************************************************
週刊あじぇんだ/第18号                       2002/02/20
******************************************************************************
京のアジェンダ21フォーラム http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
  〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内
  TEL:075-647-3535 FAX:075-647-3536 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
  http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/kaigishitsu/map.htm  編集/西本裕美
==============================================================================
「アジェンダ21」とは「21世紀への課題」という意味。京のアジェンダ21フォーラムは
 市民・事業者・行政が力を合わせて環境と共生できるまちの姿を描いていきます。
_______________________________________
「週刊あじぇんだ」掲載依頼 http://www.jca.apc.org/ma21f/news/form/event.html
 登録・解除・バックナンバー閲覧 http://www.jca.apc.org/ma21f/news/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄