●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■旧メールニュース(各号)

******************************************************************************
週刊あじぇんだ/第26号                       2002/06/27
******************************************************************************
    「京のアジェンダ21フォーラム」がお届けする環境まちづくり情報 from 京都
                    http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
今号の内容 ===================================================================
(1)リターナブル容器システムの確立に向けて/えこまつりワーキンググループ
------------------------------------------------------------------------------
(2)葵エコクラブ学習会開催中!/食の循環ワーキンググループ
------------------------------------------------------------------------------
(3)06/28(土)平成15年度京のアジェンダ21フォーラム総会
------------------------------------------------------------------------------
(4)アジェンダ会員・関係団体のイベント情報
  ----------------------------------------------------------------------------
 06/28(土)環境教育・環境学習推進法をつくろう!シンポジウムin関西
 06/28(土)禅宗の寺院と文化と水/京都環境アクションネットワーク
 06/28(土)ちょっと大人の遠足・身近な森にでかけよう/北青少年活動センター
 07/12(土)市民による20年目の琵琶湖調査/琵琶湖・淀川汚染総合調査団
------------------------------------------------------------------------------
(5)京のアジェンダ21フォーラム/ミーティング&行事予定
------------------------------------------------------------------------------
(6)編集者よりお知らせ
==============================================================================
_______________________________________
(1)リターナブル容器システムの確立に向けて/えこまつりワーキンググループ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今年度、えこまつりWGでは、『環境対策マニュアル』を制作するとともに、『お祭り
/イベントにおけるリターナブル容器システムの確立』に向けて、具体的な検討を進め
ていくこととなりました。例えば、ドイツのゲシルモービル(食器洗浄機付き自動車)
は、お祭り/イベントの環境対策において先進的な取組であり、すでに広く活用されて
います。日本でも石川県のピカピカ号や札幌市のアラエール号などの事例が見受けられ
るようになってきました。えこまつりWGでは上記のマニュアルやシステムの検討を進め
ていくことと併せて「国際環境都市京都のシンボルカー」となりうる「食器洗浄機搭載
車」の導入計画を、来年の4 月・までに京都独自の形で実現できたらと考えています。
ご興味や関心のある方のご参加をお待ちしております。
------------------------------------------------------------------------------
 今後の予定として、以下のイベントで「リユースカップシステム導入実験」の実施可
能性を検討しています。
 07/06 (金) あけぼの保育園夏祭り
 07/13 (金) 京都精華大学音楽イベント
 08/03 (日) 左京ふれあい祭り
------------------------------------------------------------------------------
 この活動に興味がある方は、ご参加ください。問合:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 次回運営会議:6/10(火)18:30~(於 フォーラム事務所)

_______________________________________
(2)葵エコクラブ学習会開催中!/食の循環ワーキンググループ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 生ごみを使った堆肥づくりをめざして進められている葵エコクラブの学習会『はーや
く芽を出せ???の種』は第3回まで進みました。第2回は廃油からの石けんづくりとEM
菌を使ったコンポスト、第3 回はミミズを使ったコンポストと「食べられる森づくり」
のお話。お話だけでも興味津々ですが、堆肥をつくっている人は本当にペットを飼って
いる気持ちがするそうです。ちょっとした油断で堆肥がだめになったり、ミミズだった
ら死んでしまうのですから。
 第3 回には、少し大きくなった大豆を、子どもたちと一緒に植木鉢から畑に移植して
やりました。作物を育てるということはとても心がなごみます。
 5 月16 日には、先日発表された「京都市循環型社会推進基本計画(仮称)策定に向け
た提言について中間まとめ」をもとに研究会を行いました。今後生ごみの循環を京都で
どのようにしていけば良いのか、実践を重ねている市民の立場から意見を述べていきま
す。
------------------------------------------------------------------------------
 この活動に興味がある方は、ご参加ください。問合:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 6/3 (火)13:00~ 高温好気性装置(コンポスト)についての学習会/キース事務局
 6/4 (水)午後1 時半~次回運営会議/フォーラム事務所

_______________________________________
(3)06/28(土)平成15年度京のアジェンダ21フォーラム総会
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆日時:2003年6月28日(土)14:00~17:00
◆会場:ひと・まち交流館 京都(京都市下京区河原町六条)
    http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
    京都市下京区西木屋町通上ノ口上ル梅湊町83番地の1(元菊浜小学校跡地)
    TEL:075-354-8719 FAX:075-354-8712

    交通機関
    ・市バス(17、205番系統)「河原町正面」下車すぐ
    (JR京都駅、阪急河原町駅、地下鉄東西線京都市役所前駅より) 
    ・京阪電車「五条」駅下車南西へ徒歩8分 
    ・京阪電車「七条」駅下車北西へ徒歩10分
    ・地下鉄烏丸線「五条」駅下車東へ徒歩10分
◆議案
・平成14年度事業報告、決算報告
・平成15年度活動方針及び事業計画案、事業予算案 
・幹事および監事の改選選任 他

_______________________________________
(4)アジェンダ会員・関係団体のイベント情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 06/28(土)環境教育・環境学習推進法をつくろう!シンポジウムin関西
------------------------------------------------------------------------------

◎日 時 : 平成15年6月28日(土) 13:00~17:00(17:00~懇親会)
◎場 所 : 大阪府商工会館7階(地下鉄中央線本町駅17番出口直結)

プログラム
13:00~13:30 オープニング:ミュージカル「地球のこどもたちへ」
       NPO法人エコパートナー21所属 ミュージカル教室MEP21 生徒の皆さん
13:30~13:40 開会あいさつ 加藤三郎(NPO法人環境文明21 代表)
13:40~15:15 話題提供「ゴミ・水・里山の現状と環境教育の必要性」
        1)高月紘氏(京都大学環境保全センター教授・工学博士)
        2)和田安彦氏(関西大学大学院工学部教授・工学博士)
        3)服部保氏(姫路工業大学自然環境科学研究所教授・学術博士)
15:30~16:45 パネルディスカッション「循環社会は環境教育から」
        山内寛氏(京都市ゴミ減量推進会議 理事)
        小林千恵氏(NPO法人水環境フォーラム 理事)
        寺川裕子氏(NPO法人里山倶楽部 理事)
         コーディネーター 藤村コノエ
           (環境教育・環境学習推進法をつくろう!推進協議会事務局長)
16:45~17:00 環境教育・環境学習法案説明と国会状況報告
        田端正広氏 (衆議院議員)
17:00~    懇親会(地下レストラン)    参加費2000円(当日徴収)

◎参  加  費:無 料(懇親会参加費は2000円)
◎お問い合わせ:環境教育・環境学習推進法をつくろう!推進協議会
        (NPO法人環境文明21内)
       TEL:044-411-8455 http://www.neting.or.jp/eco/kanbun/see-act/

共   催 :環境教育・環境学習推進法をつくろう!推進協議会、NPO法人環境文明21
      NPO法人エコパートナー21
協賛・助成 :WWF・日興グリーンインベスターズ基金、イオン環境財団

------------------------------------------------------------------------------
 06/28(土)禅宗の寺院と文化と水/京都環境アクションネットワーク
------------------------------------------------------------------------------
 世界水フォーラム「京都の文化と地下水」シリーズ 9

  お話   緑陰と静寂でのつどい「禅宗の寺院と文化と水」
  講師   妙心寺 蟠桃院 住職 清陀宗謙 師
  日時   2003年6月28日(土)  PM1:00~3:00
  集合場所 妙心寺北門前 (右京区、一条通り 妙心寺北門前)

臨済宗妙心寺派の本山妙心寺は建武4年(1337)開創。日本最大の禅寺として多く
の名僧を輩出し、僧の修行の場として有名です。7世紀、我国に初めて禅宗が紹介され
ましたが、鎌倉時代に栄西が禅を伝え禅宗としての形をなし、それが鎌倉から室町時代
にかけ臨済宗として繁栄してきました。
禅宗が我国にきてあらゆる面で日本の芸術、武芸にも影響を与え、これを高めると同時
に、日本人の一般の生活にもいろいろな影響を与えてきました。 茶の湯、生け花・能
・水墨画・俳諧・などから庭園・建築など大きな影響を受けてきています。さらに忘れ
てはならないものにに食文化があり、 とくに 京都の食として禅宗の影響から豆腐、
湯葉、麩など京都と切っても切れない食材を広めてきました。その他にも様々な料理の
中で京野菜など素材の味を限りなく引き立てる味付けや生かし方など禅宗の教えから来
る生き方、考え方が影響しそれが現在の京料理の基礎となっています。寺で僧達が食す
る野菜ももちろん自給自足で、寺の掃除のみならず、庭造りも全て修行として行われ、
それに使用される水源として寺の中に川を引き込み、多くの井戸を堀り、強い精神性を
引き出すのに大きな役割を持っていたと考えます。
自らそれらの修行を行っている僧侶が少なくなってきている中、今なお禅宗の考え方に
基づいた生き方を貫き、実践されている妙心寺 山内塔頭、蟠桃院 住職 清陀宋謙 
師から楽しみや、失敗など経験談を伺い、この壊れかけた現在社会を見直すヒントを得
る切っ掛けになるのではないかと考えます。

交通 電車  京福北野線「妙心寺駅」下車
   バス  市バス  四条烏丸始発8号 三条京阪始発 10号京都駅前始発 26号
       JRバス 京都駅始発JR花園駅から徒歩7分             
     
申込、お問い合わせは
主催 京都環境アクションネットワーク  松井まで TEL/FAX:075-464-5856
   616-804京都市右京区花園内畑町10-45  E-mail:mmegumi@dj.mbn.or.jp

------------------------------------------------------------------------------
 06/28(土)ちょっと大人の遠足・身近な森にでかけよう/北青少年活動センター
------------------------------------------------------------------------------
 送り火で有名な大文字山に登ってみよう!

■「はてなと冒険団」は、ボランティアのメンバーが子どもと一緒に野外で遊ぶグルー
 プです。このたび,メンバー募集も兼ね,遠足を企画しました。
■子どもと一緒に楽しむためには、何よりも自分自身が楽しんでいることが一番大切で
 す。まずは自分自身が自然に親しみ,遊んで過ごす1日を体験してみませんか?当日
 はいくつかの自然体験のゲームをしながら,大文字山の森で遊びます。また,新メン
 バー希望者以外の遠足だけの参加も歓迎していますので,大文字山に登ってみたい!
 という方もぜひお越しください。
(*新メンバーとして参加希望の方には,終了後オリエンテーションあり)

日時:2003年6月28日(土)10:00~15:00(9:50 受付開始)
場所:大文字山とその周辺、集合は白川通今出川南東角の京都銀行銀閣寺支店前
対象:京都市内に在住か在勤か在学の中学生~30までの方
定員:15人(先着順・現在受付中です)
参加費:無料(ただし、現地までの交通費と昼食は各自負担)
申込方法:電話か来館にて北青少年活動センターまで
問い合せ:京都市北青少年活動センター
(京都市北区紫野西御所田町56番地北区総合庁舎西庁舎内)
TEL:075-451-6700
FAX:075-451-6702
E-mail:nishiho@jade.dti.ne.jp
主催:京都市,(財)京都市ユースサービス協会(京都市北青少年活動センター)
担当:十文字美世子

------------------------------------------------------------------------------
 07/12(土)市民による20年目の琵琶湖調査/琵琶湖・淀川汚染総合調査団
------------------------------------------------------------------------------
 ~ 公開学習会&予備調査報告会 ~

水環境の悪化が問題になったことから、1980年中・に市民の手で水質を調べようと「琵
琶湖・淀川汚染総合調査団」が結成されました。そして、2003年、再び市民と大学研究
者、学生が共同で調査活動を行い、近畿圏1400万人の飲み水となる琵琶湖の水質の実態
を明らかにしようと活動を始めました。7月下旬の本調査へ向けて、5 月上旬に琵琶湖
の予備調査を行いましたので、その調査・分析結果について報告します。そして、琵琶
湖をレジャーに利用することが、環境への新たな汚染源となり得ることについて、学習
会を同時開催致します。ぜひご参加ください。

日 時 7月12日(土)午後2時~5時

場 所 キャンパスプラザ京都京都市下京区西洞院通塩小路下ル
    (JR京都駅ビル駐車場西側・京都中央郵便局西側)TEL:075-353-9111

参加費 一般1000円 学生500円(資料代含む) 

プログラム
☆ 記念講演 (2:00~2:50)
「琵琶湖底質の残留性有機汚染物質」 酒井 伸一
                 ((独)国立環境研究所循環研究センター長)

琵琶湖や大阪湾の底質中ダイオキシン類などの歴史的な蓄積を分析することから、汚染
の発生源や環境への負荷量などが明らかになりました。

☆ 1部 公開学習会 (2:50~3:40)
新たな琵琶湖の汚染源 -琵琶湖ルールでプレジャーボート公害を防げるのか?-
井上 哲也(びわ湖自然環境ネットワーク事務局次長)

現在、琵琶湖をはじめ全国各地で、水上バイクやバス釣りなどレジャー活動のために、
地域住民や漁業者の日々の生活、水辺の生物に対する安全が大きく脅かされています。
2003年4月 「・賀県琵琶湖のレジャー利用の適正化に関する条例」(琵琶湖ルール)が
施行し、これまでの無秩序な琵琶湖のレジャー利用に一定の規制がかけられました。し
かし、いまだに残された多くの問題点と、将来への水環境の保全について考えてみまし
ょう。

☆ 2部 予備調査・分析結果報告会 (3:50~5:00)
水質一般項目トリハロメタンと変異原性農薬
中地 重晴(淀川水系の水質を調べる会代表・環境監視研究所)
讃岐田 訓(20年目の琵琶湖調査団副団長・神戸大学)
石田 紀郎(20年目の琵琶湖調査団団長・市民環境研究所)

~ 調査・分析へのカンパのご協力をお願いしています。事務局までご連絡下さい。~
連絡先:調査団事務局 大阪市港区弁天2-1-30環境監視研究所内
    TEL:06-6574-8002 FAX:06-6574-0876

_______________________________________
(5)京のアジェンダ21フォーラム/ミーティング&行事予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
06/28(土)14:00~ 京のアジェンダ21フォーラム総会/ひと・まち交流館京都
07/03(木)10:00~ 食の循環WG運営会議/市役所北庁舎第1会議室
07/04(金)10:00~ 省エネキャンペーン実行委員会/市民生活センター研修室
07/09(水)16:00~ エコミュージアムWG運営会議/フォーラム事務所
07/09(水)18:30~ えこまつりWG運営会議/フォーラム事務所
07/14(月)14:00~ 自然エネルギーWG運営会議/フォーラム事務所
------------------------------------------------------------------------------
ご関心をおもちの方は、会員・会員外に関わらず、広くご参加ください。
参加希望・問合せは京のアジェンダ21フォーラム迄 → ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
_______________________________________
(6)編集者より
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 約1ヶ月後のお休みを頂き、有難うございました。調査船に乗って外洋へ出て、すっ
かりリフレッシュして帰ってきました。今週は、週刊あじぇんだの再開が遅れ、イベン
ト情報の期限が直前になってしまって申し訳ありませんでした。

******************************************************************************
週刊あじぇんだ/第26号                       2002/06/27
******************************************************************************
京のアジェンダ21フォーラム http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
  〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内
  TEL:075-647-3535 FAX:075-647-3536 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
  http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/kaigishitsu/map.htm  編集/西本裕美
==============================================================================
「アジェンダ21」とは「21世紀への課題」という意味。京のアジェンダ21フォーラムは
 市民・事業者・行政が力を合わせて環境と共生できるまちの姿を描いていきます。
_______________________________________
「週刊あじぇんだ」掲載依頼 http://www.jca.apc.org/ma21f/news/form/event.html
 登録・解除・バックナンバー閲覧 http://www.jca.apc.org/ma21f/news/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄