●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■旧メールニュース(各号)

******************************************************************************
週刊あじぇんだ/第33号                       2003/09/18
******************************************************************************
    「京のアジェンダ21フォーラム」がお届けする環境まちづくり情報 from 京都
                    http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
今号の内容 ===================================================================
(1)環境にやさしいお祭り・社会実験の成果とこれから/えこまつりWG
------------------------------------------------------------------------------
(2)京のアジェンダ21フォーラム2002年度事業報告
------------------------------------------------------------------------------
(3)京都市環境審議会 第5回温暖化対策条例検討部会 9/24(水)
------------------------------------------------------------------------------
(4)アジェンダ会員・関係団体の情報
  ----------------------------------------------------------------------------
 09/20〆切 自主活動支援事業『グループ活動室』開設/北青少年活動センター
 09/24(金)森林バイオマスについて考える勉強会/薪く炭くKYOTO
 09/27(土)豊かさの条件 21世紀のくらしと文化/京都消費者団体連絡協議会
 10/03(金)各界の視点から 環境を熱く語る!/リアル・リンク京都
 09/27-10/11(全3回)「志の森」大学・自治体変革コース/NPO政策研究所
 10/05-11/23(全5回)環境NGOのための組織マネジメント講座/環境市民
------------------------------------------------------------------------------
(5)京のアジェンダ21フォーラム/ミーティング&行事予定
==============================================================================
_______________________________________
(1)環境にやさしいお祭り・社会実験の成果とこれから/えこまつりWG
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 環境にやさしいお祭り・イベントを普及させるために
------------------------------------------------------------------------------
 国際歴史文化観光都市・京都では、たくさんのお祭り・イベントが1年を通じて行わ
れています。そこには数多くの住民や観光客等が集いますが、環境負荷の低減・ごみの
減量やリサイクルなどに対する具体的な指導や対策が行われていないため、大量に廃棄
物が出ているのが現状です。ドイツにおける先進的な祭りでは具体的な対策として『リ
ターナブル容器のデポジットシステム』がスタンダード化しており、環境教育及びエコ
ツーリズムの視点から見ても大変意義のある取組へと発展しています。
 そこで、えこまつりワーキンググループでは、夏のお祭り・イベントにおける社会実
験を数多く実施し、リターナブル容器システムの確立を目指すと同時に、環境配慮型の
お祭り・イベントを幅広く普及させるための「えこまつり実践マニュアル」の制作に取
り組んでいます。
 この夏取り組む実験の目的は、リターナブル容器システムを導入することで、実際の
環境負荷量がどうなるのかや、デポジット制の有効性などを検証し、このシステムを評
価・構築することにあります。
------------------------------------------------------------------------------
 リターナブルカップ、夏祭りで活躍
------------------------------------------------------------------------------
【1】祇園祭山鉾巡行
 7 月17日、祇園祭一番の山場となる山鉾巡行では、山鉾曵き手ボランティアへの給水
ポイントである新町御池でリターナブルカップを導入しました。幸い天候にも恵まれ、
給水ポイントでは約1600杯のお茶がリターナブルカップで提供されました。例年は紙コ
ップを使用していることから、今年は約1600個の紙コップを削減したこととなります。
曵き手の反応も良く「紙コップよりおいしく感じる」と好評でした。しかし一方で、洗
浄にかかる手間が課題として残りました。
------------------------------------------------------------------------------
【2】あけぼの保育園夏まつり
 7 月26日にあけぼの保育園(伏見区醍醐)で開催された「あけぼの保育園夏まつり」
では、昨年同様飲食物はリサイクルできる紙容器を使用。新たにジュースやビールはリ
ターナブルカップを導入しました。保育園の皆さんの積極的な取組の成果もあり、徹底
された対策は園児にも素直に受け入れられ、とても良い「生きた環境教育」につながっ
たと思います。
------------------------------------------------------------------------------
【3】左京ふれあい祭り
 8 月3 日にみやこめっせ(左京区岡崎)にて開催された左京区民ふれあい祭りでは、
飲食物すべてリターナブル容器を使用。室内ではガスボンベを使用できないことからWG
で使用している洗浄機は利用できず、すべて手洗いで敢行。11:00~15:00と短い開催時
間の間に約6000人(例年実績)もの集客があるこの祭りでは、飲食物が売れる時間は
12:00~14:00に集中し、その間に約1800個ものリターナブル容器を洗浄することになり
ました。廃棄物の総量はこの規模にも関わらず90リットルのごみ袋5 袋分で収まり、リ
ターナブル容器システムを導入することで大幅な廃棄物の削減につながることが立証さ
れました。
------------------------------------------------------------------------------
【4】パセオ・ダイゴロー第5回夏祭り
 8 月24日、地下鉄醍醐駅の複合商業施設「パセオ・ダイゴロー」で行われた夏祭り(
醍醐西地域女性会、管理運営主体の京都醍醐センター(株)と協働)でビールの提供に
リターナブルカップを使用すると共に、100 円のデポジット(料金預かり)制度も導入
しました。
------------------------------------------------------------------------------
 秋のお祭り、イベントに向けて
------------------------------------------------------------------------------
 各実験の成果はこれから秋にかけて評価していきます。リターナブル容器システムが
現代の新たなライフスタイルとして受け入れられるよう、さまざまな仕掛けをワーキン
ググループで開発・企画し、具体的な提案を行っていきますのでこれからも皆さんの御
協力をお願いします。(えこまつりWGコーディネーター、エコトーン代表 太田航平)
_______________________________________
(2)京のアジェンダ21フォーラム2002年度事業報告
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
京のアジェンダ21フォーラム2002(平成14)年度事業報告をご覧下さい。
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/report2002.pdf
(PDFファイル。アクロバットリーダーが必要です)
_______________________________________
(3)京都市環境審議会 第5回温暖化対策条例検討部会 9/24(水)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 日時 平成15年 9月24日(水) 午前10時から(2時間程度予定)
 場所 職員会館かもがわ 大会議室
    (京都市中京区土手町夷川上る末丸町284 TEL:075-256-1307)
 議題 諮問事項「京都市地球温暖化防止条例(仮称)の基本的な考え方」について
 傍聴 定員20名、希望者は当日9:50までに会場受付へ、希望者多数の場合は抽選
_______________________________________
(4)アジェンダ会員・関係団体のイベント情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 09/20〆切 自主活動支援事業『グループ活動室』開設/北青少年活動センター
------------------------------------------------------------------------------
【概要】環境教育や地域活動に関することで,やりたいと思っている「企画」や「夢」
があるグループや個人を募集します。選考された場合は,「企画」や「夢』の実現に向
けて,最長1年間,グループ活動室の利用,活動へのアドバイス、広報協力などのサポ
ートを受けることが出来ます。

【受けられるサポート】
(1)ハード面・・・ミーティングスペース,専用ロッカー,パソコン(インターネッ
ト使用可),プリンター,文房具,作業机・いす等
(2)ソフト面・・・希望に応じて,センター職員が,随時,相談時間を設け,アドバ
イスをします。専門分野の相談の場合,メール・FAX等で審査委員に相談できます。

【応募資格】
(1)京都市内を主たる活動場所としている,または,今後活動場所とする青少年
(市内在住,在勤,通学先のある中学生~30歳までの人)個人またはグループ
(2)営利,宗教活動,政党支援(特定の公職者・候補者の支援も含む)を目的と
 しない人。
(3)『環境教育や地域活動』に関するテーマで活動,または,しようとする人。

【応募・選考方法】
(1)北青少年活動センター所定の申請書(活動目的と計画の詳細,構成メンバー
 の名簿等)の提出。(他に,活動がわかる写真などがあれば添付のこと)
(2)審査委員による面接

【募集期間】2003年9月1日(月)~9月20日(土)

【問い合せ】京都市北青少年活動センター http://www.ys-kyoto.org/kita
(京都市北区紫野西御所田56番地 北区総合庁舎西庁舎内)
 TEL:075-451-6700 FAX:075-451-6702 E-mail:nishiho@jade.dti.ne.jp
【主催】京都市/(財)京都市ユースサービス協会(京都市北青少年活動センター)

------------------------------------------------------------------------------
 09/24(金)森林バイオマスについて考える勉強会/薪く炭くKYOTO
------------------------------------------------------------------------------
 第11回 「ドイツ紀行~ドイツの森林の歴史、人との関わり~」

 森林バイオマスの普及啓発と利用促進を目指して、昨年の6月より活動を始めた薪く
炭くKYOTO (しんくたんくきょうと)では、第11回目の勉強会としてドイツの森林地帯
シュバルツバルド(黒い森)に3週間滞在した相川さんに、ドイツの森林の歴史や人と
の関わりについてお話していただきます。
 相川さんは国際ワークキャンプに参加し、地元のForestry Office の人達と森林整備
の作業をしてこられました。ドイツの林業の状況や木材利用、バイオマスエネルギーな
どについても、盛りだくさんの写真と共に語っていただきます。

 ◆内 容: ドイツでの森林整備の体験談
       ドイツの森林と利用について
 ◆講 師: 相川高信さん(薪く炭くKYOTO・会員)
 ◆日 時: 9月24日(水)19時~21時
 ◆場 所:「 ひと・まち交流館 京都 」第1会議室 
     (河原町五条下る東側)TEL:075-354-8711  
      http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html を参照ください。 
 ◆交通機関:市バス17,205号系統「河原町正面」下車 
      京阪電車「五条」下車 徒歩8分 
      地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分 
 ◆参加費:会員:無料 会員外:200円
 ◆その他:事前申し込み不要
 
 ■問い合わせ: 薪く炭くKYOTOまで http://sinktank.kdn.jp/
          E-mail:sinktank@keddy.gr.jp

------------------------------------------------------------------------------
 09/27(土)豊かさの条件 21世紀のくらしと文化/京都消費者団体連絡協議会
------------------------------------------------------------------------------
 第34回京都消費者大会 豊かさの条件 21世紀のくらしと文化をつくる

私たちは「豊かさ」を求めて走りつづけてきました。
そして、今、私たちは「豊か」になったでしょうか。
少し立ち止まって、これからのくらしと文化、私たちの生き方を考えてみませんか。

講演 「豊かさの条件」 暉峻淑子(てるおかいつこ)さん(埼玉大学名誉教授)

コーヒーブレイク
「軍隊を捨てた国」コスタリカのコーヒーをどうぞ(協力:京都母親連絡会)

活動報告
報告1 「食の安全」から「くらしの安心」へ 鎌部千津子さん(京都生活協同組合)
報告2 安心して子育てできる社会を 魚山栄子さん(新日本婦人の会)
報告3 くらしの相談活動から 京都社会保障推進協議会

日時 9月27日(土)13:30~16:00
場所 本能寺文化会館ホール(京都市中京区御池通寺町東入ル。京都市役所向かい)
問合 京都消費者団体連絡協議会 http://hc2.seikyou.ne.jp/home/syoudanren/
   TEL:075-251-1001 FAX:075-251-1003 E-mail:syodanren@mc2.seikyou.ne.jp 

------------------------------------------------------------------------------
 10/03(金)各界の視点から 環境を熱く語る!/リアル・リンク京都
------------------------------------------------------------------------------
 リアルリンク京都は、“地球環境の保全がすべてに優先する”との理念のもと、一人
でも多くの方々に環境の大切さを理解してもらおうと、様々な活動を実践している特定
非営利活動法人(NPO法人) です。平成5年10月に環境NGOとして設立し、平成6年4月に
ストップ・フロン京都の発足を経て、本年10月をもちまして設立10周年を迎えることと
なりました。設立10周年を記念し、「リアル・リンク京都 10周年記念フォーラム」を
開催いたします。10周年を迎えるこの機会に環境と経済の調和の方向を探ることができ
ればと考えております。

日時 2003年10月3日(金)16:00~19:00(15:30より受付)
場所 京都ホテルオークラ「光舞」(3F)
京都市中京区河原町御池 TEL:075-211-5111
内容 記念講演I 「環境問題とボランティアと企業」
   講師 石橋勝氏
   (NPO法人ピースウィズ・ジャパン代表理事 エルセラーン化粧品代表取締役)
   記念講演II 「市民がすすめる環境政策-環境パートナーシップの課題-」
   講師 宗田好史氏(京都府立大学助教授 京都地球温暖化府民会議理事)
   記念講演III 「環境と経済活動の関係」(仮)
   講師 堀場厚氏(京都経済同友会代表幹事 堀場製作所代表取締役社長)
定員 200名
参加費 無料
申込方法 参加者の氏名、所属、勤務先または自宅の住所、電話番号、FAX番号、
E-mailアドレスを記入の上、郵送、FAX、E-mailのいずれかで下記までお申込下さい。
前日までに参加証を郵送いたしますので当日ご持参ください。定員になり次第締め切
りますので、予めご了承ください。

申込・問合 特定非営利活動法人リアル・リンク事務局 http://www.reallink.or.jp
〒602-8281 京都市上京区中立売通浄福寺西入加賀屋町399 スミヤビル5F 
TEL:075-801-5629 FAX:075-822-9001 E-mail:info@reallink.or.jp

------------------------------------------------------------------------------
 09/27-10/11(全3回)「志の森」大学・自治体変革コース/NPO政策研究所
------------------------------------------------------------------------------
 NPO政策研究所では、持続可能な社会・分・社会の実現に寄与するとともに地域再
生をリードする持続可能な地域づくりの人材を養成する「志の森」大学を開校します。
このコースでは、ガバナンス時代におけるNPOなどとの協働による政策形成の強化と
行政システムの改革など、これからの自治体職員としての資質と実務能力の体得までを
コンパクトなカリキュラムで対応します。

■主催:特定非営利活動法人NPO政策研究所
■共催:龍谷大学地域人材・公共政策開発システム・オープン・リサーチ・センター
■日程:2003年9月27日(土)~28日(日)、10月11日(土)
■会場:
・9月27日(土)~28日(日)いこいの村琵琶湖(大津市山上町)
  地図:http://www4.ocn.ne.jp/~ikoibiwa/PageImage2003_02.htm
・10月11日(土)大阪NPOプラザ会議室F(大阪市福島区吉野4-29-20)
  地図:http://www.onp.or.jp/map.html
■対象:主として自治体職員
■定員:20名(先着順)
■費用:【受講料】30,000円 ※テキスト・お茶G繧ワみます。
    【宿泊費】15,000円 ※夕食、懇親会費、朝食、昼食つき
■受講手続等:下記までお問い合わせください
【資料請求/お申込・お問い合わせ先】(特活)NPO政策研究所事務局
〒553-0006 大阪市福島区吉野4-29-20大阪NPOプラザ204
TEL:06-4804-1142 FAX:06-4804-1143 
Eメール:npa@jca.apc.org ホームページ:http://www.jca.apc.org/npa/

■日程・講師陣等詳細はこちらをご覧ください。
 http://www.jca.apc.org/npa/training/training_lecture/kokorozashi2.htm

------------------------------------------------------------------------------
 10/05-11/23(全5回)環境NGOのための組織マネジメント講座/環境市民
------------------------------------------------------------------------------
■日程:
第1回 10月 5日(日) 13時~17時 会場:大阪府立女性総合センター会議室3
第2回 10月11日(土) 13時~17時 会場:大阪府立女性総合センター会議室1
第3回 10月25日(土) 13時~17時 会場:新大阪丸ビル本館4階
第4回 11月 9日(日) 13時~17時 会場:大阪府立女性総合センター会議室3
第5回 11月23日(祝) 13時~17時 会場:大阪府立女性総合センター会議室2
■詳細は http://www.kankyoshimin.org/jp/newsyori/download/ngokoza2.pdf

■対象:環境NGOのスタッフ
    環境NGO活動の中心的なボランティアの方
    自治体、企業で環境NGOとのパートナーシップの具体化に取り組んでいる方
■定員:30名
■参加費:3000円(全5回通しで) 初回ご参加時にお支払い下さい。
■主催:環境事業団地球環境基金 http://www.eic.or.jp/jfge/
 企画・運営:特定非営利活動法人 環境市民 http://www.kankyoshimin.org/
 協力:大阪環境ネット http://www.osaka-e.net/
■参加応募方法
所定の申込用紙(PDF)をご利用いただくか、お名前(ふりがな)、電話/FAX番号、
ご住所、参加の動機を明 記の上、環境市民京都事務局までお申し込みください。
 申込用紙 http://www.kankyoshimin.org/jp/newsyori/download/ngokoza2.pdf
 申込先:環境市民京都事務局 http://www.kankyoshimin.org/
 〒604-0932 京都市中京区寺町二条下る呉波ビル3F
 TEL(075)211-3521 FAX(075)211-3531 E-mail life@kankyoshimin.org

■講座全体の趣旨
環境NGOで積極的に活動されているみなさんは、いかに組織内の目的を共有しうまく
コミュニケーションをとっていくか、どのように人材を生かして活動を企画し成功に
導くか、会員や支援者を増やして社会的影響力を増していくかなど、多くの課題を抱
えておられることでしょう。本講座は、環境NGOで積極的に活動されているみなさん
を対象に、個人の能力や意欲を最大限に伸ばし、かつ対外的な折衝力もつけるため、
円滑で効率のよい組織運営のためのマネジメント手法を実践家の講師による座学と体
験型ワークショップで学ぶものです。みなさんにとって、学んだことを実際の活動に
生かせるような「問題・課題解決型講座」となることでしょう。
_______________________________________
(5)京のアジェンダ21フォーラム/ミーティング&行事予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
09/19(金)10:00~ エコツーリズムWG運営会議/市役所寺町第5会議室
09/19(金)19:00~ えこまつりWG運営会議/フォーラム事務所
------------------------------------------------------------------------------
ご関心をおもちの方は、会員・会員外に関わらず、広くご参加ください。
参加希望・問合せは京のアジェンダ21フォーラム迄 → ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

******************************************************************************
週刊あじぇんだ/第33号                       2003/09/18
******************************************************************************
京のアジェンダ21フォーラム http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
  〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内
  TEL:075-647-3535 FAX:075-647-3536 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
  http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/kaigishitsu/map.htm  編集/西本裕美
==============================================================================