●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■旧メールニュース(各号)

******************************************************************************
週刊あじぇんだ/第46号                       2004/01/31
******************************************************************************
    「京のアジェンダ21フォーラム」がお届けする環境まちづくり情報 from 京都
                    http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
今号の内容 ===================================================================
(1)えこまつり実践交流会 2/23(月)18:30~ 京エコロジーセンターにて
------------------------------------------------------------------------------
(2)環境にやさしいお祭り実現に向けて、さらなる挑戦会 ◇ えこまつりWG
------------------------------------------------------------------------------
(3)アジェンダ会員・関係団体の情報
 ----------------------------------------------------------------------------
 02/07~08 とよなか市民環境展(12)ストップ地球温暖化/とよなか市民環境会議
 02/09(月)企業ができるこどもたちへの環境学習支援/こども環境活動支援協会
 02/12(木)ごみ減量実践講座(5)観光京都のごみ/京都商工会議所
 02/13(金)マネジメントセミナー(3)資金ぐり/北青少年活動センター
 02/14(土)レイチェル・カーソン京都セミナー/コンシューマーズ京都
 02/15(日)オムロン文化フォーラム(157)廃棄物は廃"貴"物/NHK京都文化センター
 02/17(火)SPEAK EASY(気楽に話す)~自分色のまゆ探し/SPEAK EASY
_______________________________________
(1)えこまつり実践交流会 2/23(月)18:30~ 京エコロジーセンターにて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 国際的歴史文化観光都市として位置づけられる京都では、多種多様なお祭り/イベン
トが日々開催されています。しかしそれらは、観客動員や楽しさなどを重視し、環境負
荷の低減、ごみ対策等には目を向けられてきませんでした。祭り/イベントは私たちの
ライフスタイルとは一線を引いたところに存在しますが、非日常での具体的なごみ減量
の取組を日常へ発信していくことで循環型社会を構築する大きなきっかけとなります。
------------------------------------------------------------------------------
 そこでえこまつりワーキンググループでは、平成15年度、さまざまな形態のお祭り/
イベントにおいて市民、事業者、行政、研究者のパートナーシップのもと、環境負荷の
低減・ごみの減量やリターナブル、リサイクルの取組を提案・実践してきました。
------------------------------------------------------------------------------
 今回は先進的な取組をされた主催者の方々と共に、今年度の活動を振り返り、これま
で経験したことを踏まえ、来年度のさらなる取組につなげるべく「えこまつり実践交流
会」を開催します。お祭り/イベント同士の環境対策を通じた交流を行うことで具体的
な取組につなげていくこと、また、新たなお祭り/イベントを今後主催しようとする方
々にお集りいただき、京都のえこまつりをさらに広げていければと考えています。
------------------------------------------------------------------------------
■日時 2004年2月23日(月) 18:30~21:00(18:00~受付開始)
■場所 京エコロジーセンター シアター
■内容 WGメンバーによる報告及び座談会
     (1)なぜ“えこまつり”なのか?
     (2)リターナブルカップの意義
     (3)国内外の事例
     (4)今年度の実践報告
------------------------------------------------------------------------------
 座談会では参加されたみなさんも交え、活発な議論を展開して、今後の活動について
一緒に考えていきたいと思います。 
_______________________________________
(2)環境にやさしいお祭り実現に向けて、さらなる挑戦会 ◇ えこまつりWG
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 えこまつりワーキンググループでは、環境配慮型のお祭り/イベント(以下お祭り)の
企画運営を主催者に提案し、具体的方法やシステムをつくるため、実践を通して調査/
研究活動を行っています。
------------------------------------------------------------------------------
 昨年度は、散乱ごみをなくし、徹底した分別回収を実施するための仕組みを構築。リ
サイクル可能な紙トレーの使用を促すなど、ごみ減量を目指す取組を行いました。しか
し、実際にやってみるとごみ減量にあたっては、リサイクルでは限界があると感じられ
、今年度は、業務用の大型食器洗浄機を使用して、お祭りにおけるリターナブル容器シ
ステムを構築するための調査/実験を数多く行っています。 
------------------------------------------------------------------------------
 これまでの取組の中で分かったのは、たとえ環境対策のツールが存在しても、それを
活用し、具体的な成果につなげる地域の「人材」を育てなければ意味がないということ
です。そこで、問題解決の第一歩として京エコロジーセンターの支援のもと、これまで
培ってきたノウハウを活用して、お祭りの主催者自身が責任を持って環境対策に取り組
むことを促し、支援できるような、えこまつり実践マニュアルの開発を進めています。
------------------------------------------------------------------------------
 ドイツの先進的なお祭りでは、具体的な対策として『リターナブル容器のデポジット
システム』がスタンダード化しており、環境教育やエコツーリズムの視点から見ても大
変意義のある取組へと発展しています。このような取組は日本でも不可能ではありませ
ん。ここ京都のお祭りから、環境負荷の少ない観光スタイル(いわゆるエコツーリズ
ム)を提示することで、人々の環境意識の向上と地域循環型社会形成への市民参画を促
進することができると考えます。今年度、私たちの取組が環境省のエコ・コミュニティ
事業の支援対象となったことから、現在、地域におけるリターナブルシステムを定着化
させるため、日本初の NPO法人の放送局、京都コミュニティ放送・京都三条ラジオカフ
ェと連携し、食器洗浄機やリターナブル容器を積んだ運搬車両を開発中です。お祭り以
外にも、環境教育カーとして、また調理機材や食材を積み、「地産地消」の普及啓発を
目指すケータリングカーとしても使用できるよう工夫しています。さらに放送機材等の
搭載も検討中ですし、独自のおしゃれなリターナブルカップもさまざまな企業や市民と
ともに制作中です。
------------------------------------------------------------------------------
 これらお祭りのサポートの取組を、来年度は地域環境デザイン研究所『ecotone』が
事業化していくこととなりました。京都のお祭りが変わる。日本の祭りが変わる。そん
な日も、もう遠くはありません。2004年のえこまつりWGに注目してください。
(えこまつりWGコーディネーター 地域環境デザイン研究所『ecotoe』代表 太田航平)
------------------------------------------------------------------------------
 えこまつりWG 次のミーティング 02/06(金)19:30~ フォーラム事務所
 この活動に参加希望の方はご連絡ください。 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

_______________________________________
(3)アジェンダ会員・関係団体の情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 02/07~08 とよなか市民環境展(12)ストップ地球温暖化/とよなか市民環境会議
------------------------------------------------------------------------------
 第12回とよなか市民環境展「ストップ地球温暖化~さあ変えよう私たちのくらし~」

私たちの身近なところから始められる地球温暖化防止の行動をテーマに、
もりだくさんのイベントを行います。
企業・団体・学校などが出展する環境パネル展、わかりやすく楽しく学ぶことができる
参加コーナー、エコカーの展示、岡山県新見のそば打ち体験をはじめとする
色々な体験コーナーなど、楽しいコーナーをたくさん用意しています。

とき 2004年2月7日(土)12時~16時 2月8日(日)10時~16時
ところ 豊中市民会館 豊中市曽根東町3-7-1(阪急宝塚線曽根駅下車、東へ3分)
    ※ご来場の際は、バス・電車をご利用ください
主催 NPO法人とよなか市民環境会議アジェンダ21
共催 豊中市・とよなか市民環境会議

<学びコーナー>
●NPO法人とよなか市民環境会議アジェンダ21の活動紹介
●出展団体の展示コーナー ●エコカーの展示 ●エコライフ101提案の自己採点など
<配布・頒布コーナー>
●2004年エコライフカレンダーの配布 ●とよっぴー(土壌改良材)の頒布
●減農薬野菜の頒布 ●豊中の竹を焼いた竹炭の頒布 など
<ステージコーナー>
●リサイクルファッションショー ●バルーンアートパフォーマンス
●ミニコンサート(ピアノトリオ・独唱・オカリナ) ●・話術 など
<体験コーナー>
●環境クイズラリー(プレゼントあります)●クラフトコーナー ●おもちゃの病院
●岡山県新見のそば打ち体験(8日のみ)●リサイクルおもちゃづくり など
※イベント内容は都合により変更する場合がございます

お問い合わせ先
NPO法人 とよなか市民環境会議アジェンダ21 事務局
〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3-1-1 豊中市環境部環境政策課内
TEL 06-6858-2848 FAX 06-4865-4606 E-mail ecoshimin@kmd.biglobe.ne.jp

------------------------------------------------------------------------------
 02/09(月)企業ができるこどもたちへの環境学習支援/こども環境活動支援協会
------------------------------------------------------------------------------
こども環境活動支援協会では、企業会員が中心となり、様々な業種の企業(約30社)と
NPO 、教育関係者が協働し、「衣」「食」「住」「エネルギー」「ビン」「エコ文具」
というテーマに基づき、各企業の活動と消費者の役割を「循環」のしくみの中で認識で
きるような環境学習支援プログラムを実証的に研究し、西宮市内の小中学校においてプ
ログラムの実践を行ってきました。
このプロジェクトを立ち上げるにあたり、経済団体や教育関係者などによる検討委員会
を設置し、企業が地域の学校において学習を支援するためのしくみづくりやプログラム
内容などについて検討を行いました。
今回のシンポジウムでは、これらの成果を発表し、企業が地域社会に関わることの異議
や役割について、環境省が2003年10月に施行した「環境の保全のための意欲の増進及び
環境教育の推進に関する法律」とも関連付け、広く議論したいと思います。

日時:2004年2月9日(月)13:30~16:20
場所:西宮市プレラホール(阪急「西宮北口」駅下車)
定員:300名 参加費:無料
パネルディスカッション
 コーディネーター 古館晋 大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所顧問
 アドバイザー 浅野能昭
 パネリスト 入間川吉雄 松下電器産業(株)秘書グループ企画渉外部長
       佐藤博之  グリーン購入ネットワーク事務局長
       千頭 聡  NPO法人こども環境活動支援協会代表理事
       本田英子  西宮市教育委員会学校教育課長
       吉田朋子  (株)吉田製作所・ビン分科会メンバー(50音順敬称略)

共催:NPO法人こども環境活動支援協会(LEAF)、西宮市、西宮市教育委員会
申込・問合先:NPO法人こども環境活動支援協会(LEAF)
    〒662-0855 西宮市江上町3-40 TEL:0798-35-3804 FAX:0798-35-4208

------------------------------------------------------------------------------
 02/12(木)ごみ減量実践講座(5)観光京都のごみ/京都商工会議所
------------------------------------------------------------------------------
京都商工会議所では、京都市ごみ減量推進会議との共催で、
「ごみ減量」をテーマに『エコロジーはエコノミー2003・ごみ減量
実践講座』を開催致します。自社の環境意識を高め、ごみ減量を推進する
ためにも、この機会にぜひご参加下さいますようご案内申し上げます。

◆第5回テーマ『観光京都のごみ~おもてなしの視点で~』(定員70名・先着順)
 ※内容詳細はホームページをご覧下さい→http://www.kyo.or.jp/kyoto/
日時:2月12日(木) 午後1時30分~同4時 
場所:京都商工会議所 教室(2階)
講師:「京都駅ビルの廃棄物対策」
    京都駅ビル開発株式会社 取締役管理部長 石本  修 氏
   「環境保全と資源再生を目指す京都の宿泊施設」
    立命館大学 産業社会学部 教授 深 井 純 一 氏
参加費:1000円(当日受付にて申し受けます)

※参加ご希望の方は、必要事項(会社名、役職、氏名、住所、電話番号)を
 ご記入のうえ、下記FAX、メール等でお申込み下さい

<お問い合せ>
 京都商工会議所 産業振興部 URL:http://www.kyoto.or.jp/kyoto/
 tel:075-212-6442 fax:075-255-0428 e-mail:shinkou@kyo.or.jp

------------------------------------------------------------------------------
 02/13(金)マネジメントセミナー(3)資金ぐり/北青少年活動センター
------------------------------------------------------------------------------
 運営するための資金ぐり~補助金・助成金等をうまく活用しよう!

【概要】環境教育や地域活動で「自分の想いを形にしたい」と思っている人を対象
に,補助金・助成金や活動拠点の活用方法について学ぶ講座を開催します。
【日時/講師】
(1)2月13日(金)19:00~21:00「どんな補助金・助成金があるの?」
 自分の想いを形にするためには,資金の調達が大きな課題です。
 国の補助金から民間の助成金まで,あなたの活動にあった賢い使い方のノウハウを教
 えます。
 講師:京都市社会福祉協議会 ボランティア・市民活動部 副部長 志藤修史氏
(2)2月20日(金)19:00~21:00「京都府の助成金システムと申請について」
 大学のボランティア・サークルや大学生中心の環境,福祉活動からNPO法人の活動ま
 で利用できる助成制度を紹介します。
 青少年社会貢献活動促進事業補助金制度の助成事例紹介
 講師:京都府・府民労働部青少年課 育成係長 松宮研二氏
(3)2月27日(金)19:00~21:00
「活動内容により,あるある!こんな制度,あんな制度」
 講師が学生時代に立ち上げたNPO法人京都学生ボランティアセンターの活動を通し
 て,活動資金確保や節約のため,どんな手法を使ったか,お金や施設の有効利用を経
 験者の立場からアドバイスしていただきます。
 講師:京都学生ボランティアセンター代表 赤澤清孝氏
 「グループ活動室の利用について」
 ミーティングスペースや専用ロッカー,パソコンなどが無料で利用できるグループ活
 動室の利用についてお話します。
 北青少年活動センター チーフユースワーカー 田尾純子

【場所】北青少年活動センター 小会議室,グループ活動室
【参加対象】京都市内に在住,在勤,在学の中学生から30歳までの方
【定員】18人
【参加費】一般3,000円,大学生2,000円,中高校生・専門学生は1,000円
【申込方法】電話またはFAXにて北青少年活動センターまで
【問い合せ】京都市北青少年活動センター
 京都市北区紫野西御所田町56番地北区総合庁舎西庁舎内
 TEL 075-451-6700 / FAX 075-451-6702 / E-mail nishiho@jade.dti.ne.jp
【主催】京都市,(財)京都市ユースサービス協会(北青少年活動センター)

------------------------------------------------------------------------------
 02/14(土)レイチェル・カーソン京都セミナー/コンシューマーズ京都
------------------------------------------------------------------------------
講演「人間だけの世界ではない」籠橋隆明(弁護士・「自然の・利」基金事務局長)
日時:2004年2月14日(土)13:30~ 資料代:500円
場所:京エコロジーセンター(京エコロジーセンター協力事業)
テキスト:レイチェル・カーソン『沈黙の春』(新潮文庫)<各自ご用意ください>
申込・問合先:NPO法人コンシューマーズ京都(原)
    TEL:075-251-1001 FAX:075-251-1003 E-mail: JRCC@mb6.seikyou.ne.jp

------------------------------------------------------------------------------
 02/15(日)オムロン文化フォーラム(157)廃棄物は廃"貴"物/NHK京都文化センター
------------------------------------------------------------------------------
日時:2004年2月15日(日)14:00~15:30 参加費:1,000円
場所:京都リサーチパーク サイエンスホール(JR嵯峨野線「丹波口」駅下車徒歩分)
講師:高月紘氏(京都大学教授・京エコロジーセンター館長)
  「廃棄物は廃“貴”物である」
申込方法:往復葉書に「第157回」、住所、氏名、年齢、電話番号を記入して下記迄。
     返信用葉書にも住所氏名を記入してください。
     (お申込になった方の中から抽選で150名を無料招待)
     開催日の1週間前までにご連絡いたします。
申込・問合先:NHK京都文化センター
       〒600-8216 下京区東塩小路町849 TEL:075-343-5522

------------------------------------------------------------------------------
 02/17(火)SPEAK EASY(気楽に話す)~自分色のまゆ探し/SPEAK EASY
------------------------------------------------------------------------------
お互いの色(個性・気付き)でひとつしかない場を織り上げてみませんか?
日時:2004年2/17・24・3/2・9・16(毎週火曜日19:00~21:00)全5回シリーズ
場所:キャンパスプラザ京都
   http://www.consortium.or.jp/campusplaza/access.html
料金:5回 15,000円 定員:16人
対象:自分から進んで参加しよう(学びを得よう)と思う人。年齢制限なし。
内容:
  第1回 2/17『出会い』…からだを使ってのゲームなどで緊張を解きほぐします。
  第2回 2/24『コミュニケーション』…「聞くことって、伝えることって」
  第3回 3/2 『交ざる』…問題解決実習(協力するってどんなこと?)
  第4回 3/9 『こえる』…様々な人のアイデアに触れる
  第5回 3/16『つながる』…自分のまゆ(自尊感情、勇気、個性、自信)を再確認し
            次の新たな道へ進むきっかけとする
講師:山口将司氏(共育座 RED STONE 主宰)
申込方法:SPEAK EASY 村元さんまで連絡の上下記口座にお振込ください。
     郵便振替 14480-34366211 村元計紀
申込・問合先:SPEAK EASY 村元計紀
 〒603-8165 北区紫野西御所田町56 北区総合庁舎内京都市北青少年活動センター付
 FAX:075-451-6702 TEL:075-451-6700 E-mail: kirakunihanasu@hotmail.com

_______________________________________
(3)京のアジェンダ21フォーラム/ミーティング&行事予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
02/02(月)13:30~ 省エネグリコンキャンペーン実行委員会/京都市市民生活センタ-
02/06(金)19:30~ えこまつりWG研究会/フォーラム事務所
02/10(火)19:00~ エコミュージアムWG大原野プロジェクト会議/朝日ビル9F会議室
02/16(月)19:00~ 交通WG自転車タスク会議/朝日ビル9F会議室
02/23(月)18:30~ えこまつり実践交流会/京エコロジーセンターシアター

-----------------------------------------------------------------------------
ご関心をおもちの方は、会員・会員外に関わらず、広くご参加ください。
参加希望・問合せは京のアジェンダ21フォーラム迄 → ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

******************************************************************************
週刊あじぇんだ/第46号                       2004/01/31
******************************************************************************
京のアジェンダ21フォーラム http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
  〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内
  TEL:075-647-3535 FAX:075-647-3536 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
  http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/kaigishitsu/map.htm  編集/西本裕美
==============================================================================
「アジェンダ21」とは「21世紀への課題」という意味。京のアジェンダ21フォーラムは
 市民・事業者・行政が力を合わせて環境と共生できるまちの姿を描いていきます。
_______________________________________
「週刊あじぇんだ」掲載依頼 http://www.jca.apc.org/ma21f/news/form/event.html
 登録・解除・バックナンバー閲覧 http://www.jca.apc.org/ma21f/news/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄