●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■旧メールニュース(各号)

****************************************************************************
週刊あじぇんだ/第57号                      2004/05/19
****************************************************************************
   「京のアジェンダ21フォーラム」がお届けする環境まちづくり情報 from 京都
                   http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
今号の内容 =================================================================
(1)醍醐環境フェスタに参加しませんか? ◇ ライフスタイルWG
----------------------------------------------------------------------------
(2)都市部での“食の循環”実現に向けた地域モデル実験の成果 ◇ 食の循環WG
----------------------------------------------------------------------------
(3)アジェンダ会員・関係団体の情報
 --------------------------------------------------------------------------
 05/26(水)森林バイオマスについて考える勉強会(17)未来予想図/薪く炭くKYOTO
 06/18(金)見学会>省エネ 廃棄物削減 ゼロエミ 琵琶湖博物館/京都商工会議所
 06/24(木)環境と調和したまちづくりの推進・環境先進自治体/京都商工会議所
 06/29(火)これからの地球温暖化問題の動きと企業の環境経営/京都商工会議所
______________________________________
(1)醍醐環境フェスタに参加しませんか? ◇ ライフスタイルWG
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 コミュニティのアジェンダタスクより
----------------------------------------------------------------------------
 現在快走を続けている醍醐コミュニティバスには、車から出る排気ガスを少なくし
たいという願いも込められています。しかし、醍醐の商業施設の駐車場は、買物客の
車でいつも満車状態です。
----------------------------------------------------------------------------
 環境についてもっと身近なところから感じられないものでしょうか。例えば毎日の
お買い物。スーパーの棚に並んでいるいろいろな商品が、それは健康に良いものか、
有害なものは入っていないか、ごみは出ないかといったこと、またお店の環境取組は
どうなのか、等、実際にお店の中を探検しながら学んでほしい....
----------------------------------------------------------------------------
 そこで、コミュニティのアジェンダタスクでは実行委員会を組織し、醍醐地域で、
地域のスーパー(アル・プラザ醍醐店)と協力して6月11日~13日に「醍醐環境フェスタ
」
を開催しようと現在企画中です。
----------------------------------------------------------------------------
 昨年度実施したグリーンコンシューマー連続講座に参加された方々からは、ラップ
を探すときも、トイレットペーパーを買うときなどにも「ダイオキシンが発生しない
商品か」「再生紙使用のものか」「食品添加物は」「産地は」「使用農薬は」といっ
たことを、ラベルをじっくり見てから選ぶようになったというような声があがってい
ます。これは、このような取組に参加することで、意識改革が起こり、グリーンコン
シューマーの輪が広がってきた証ではないかと思います。地域にこういった輪がどん
どん広がり、子や孫に美しい地球を残していくことが私たちの願いです。
----------------------------------------------------------------------------
 醍醐環境フェスタにいろいろな方が参加することによって、このような思いが届く
よう、ぜひ成功裡に終わらせたいと願っています。
     (醍醐環境フェスタ実行委員長・伏水サポートネットワーク 吉村睦子)
----------------------------------------------------------------------------
 この活動に参加希望の方はご連絡ください E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

______________________________________
(2)都市部での“食の循環”実現に向けた地域モデル実験の成果 ◇ 食の循環WG
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 食の循環ワーキンググループ(WG)は、京都のような都市で"食の循環"を実現させる
仕組みを模索するため、生ごみ堆肥化の地域モデル実験、農家や先進的な取組をして
いる団体との交流によるネットワークづくりを行ってきました。
----------------------------------------------------------------------------
 葵学区・御室学区での地域モデル実験
----------------------------------------------------------------------------
 葵小学校区では、地域の環境グループ「葵エコクラブ」・京都府立大学・葵小学校
が協働して、家庭からの生ごみ回収実験、府立大学の付属農場での葵小学校環境教育
授業、堆肥づくりや野菜づくりについての葵エコクラブ主催の学習会を行ってきまし
た。生ごみ回収実験では、やり方をきちんと周知すれば家庭での生ごみの分別排出は
可能であることがわかりました。今後はエコクラブメンバー、小学生、保護者、大学
生など様々な関係者相互の交流と協働を広げながら循環システムの研究を進めていく
予定です。
 御室小学校区では、「京都環境アクションネットワーク」が中心となり、家庭でつ
くった生ごみ堆肥を使った地域の寄せ植え教室、御室小学校での親子ふれあい寄せ植
え教室等を精力的に行ってきました。今後は、自治会や小学校と連携して学校を核に
生ごみリサイクルの実践を展開していきたいと考えています。
----------------------------------------------------------------------------
 食の循環ネットワークづくり
----------------------------------------------------------------------------
 上記のモデル地域での実践取組と並行して、京都近郊で生ごみの堆肥化を先進的に
実践している農家や活動団体の実際のフィールドを見学する「コンポストつくり方教
室」の開催、WGの活動報告と先進事例の紹介や交流をかねた「活動報告会・交流会」
の開催、様々な生ごみ堆肥化の方法を紹介する学習教材の作成等を行ってきました。
これらの事業を通して"食の循環"を実践している方々とのネットワークを築くことが
できたと考えています。今後は、多様な主体に関わってもらう必要がある食の循環シ
ステムづくりの土台として活用していきたいと思います。
----------------------------------------------------------------------------
 今年度の課題
----------------------------------------------------------------------------
 食の循環WGでは、2003年度の活動の成果を受けて、食の循環システムづくりに向け
て今年度次のような課題に取り組もうとしています。
(1) 地域モデル実験の成果を分析し、他の地域でも通用する生ごみ堆肥化システムを
  提案する。
(2) 農家との連携を深め、都市部から出た生ごみでつくった堆肥を使った農業の可能
  性を探る。
(3) 堆肥化に関心がある人と実際に取り組んでいる人とをつなげて、食の循環を目指
  す仲間を増やす。
 生ごみ堆肥づくり、有機農業などに関心をお持ちの方は、気軽にご参加ください。
                 (食の循環ワーキンググループ 清水万由子)
----------------------------------------------------------------------------
 この活動に参加希望の方はご連絡ください E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

______________________________________
(3)アジェンダ会員・関係団体の情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 05/26(水)森林バイオマスについて考える勉強会(17)未来予想図/薪く炭くKYOTO
----------------------------------------------------------------------------
 森林バイオマスとは?薪く炭くKYOTOとは?
 京都の森林バイオマス利用の未来図を描く

 地球温暖化問題、化石燃料への依存、荒廃する日本の森林、、、このような背
景から、再生可能な「森林バイオマス」のエネルギーが今、見直されています。
「バイオマス」とは、材料やエネルギーとして利用可能な生物資源で、「森林バ
イオマス」とは、主伐材、間伐材、林地残材、剪定枝などの森林資源、およびこ
れらから作られる薪、炭、チップ、ペレットなどの製品を指します。古くから親
しんで使われてきた薪や炭などとあわせて、最近では新たな技術や利用方法の開
発も進んでいます。

 薪く炭くKYOTO(しんくたんくきょうと)では、森林バイオマスの普及啓発と
利用促進を目指し、さまざまな活動や勉強会を行っています。今回の勉強会では、
当会が現在作成中の「平成15年度 京都・森林バイオマス白書~薪く炭くKYOTO
報告~」の報告も兼ね、初めての方にも分かりやすく「森林バイオマスとは?」
から説明を行いたいと思います。また、京都の森林バイオマスの現状や、当会の
活動内容も紹介し、その後みなさまと森林バイオマスを活用した、楽しい京都の
未来社会の予想図を描いてみたいと思います。森林バイオマスの活用で、京都に
はどのような未来社会が訪れるでしょうか?

●日時:5月26日(水) 19時~21時
●場所:京都府職員福利厚生センター 3F第5会議室
    地下鉄烏丸線「丸太町」駅より西へ徒歩10分 
    京都府庁内(京都市上京区下立売通新町西入る)
●内容:
・森林バイオマスとは
・京都府の森林バイオマスの現状
・薪く炭くKYOTOの活動紹介
・意見交換「京都の森林バイオマス未来予想図」
●参加費:会員無料 会員外200円 
●事前申し込み不要 
●問合せ:薪く炭くKYOTO E-mail:sinktank@keddy.gr.jp TEL:070-5089-7617

----------------------------------------------------------------------------
 06/18(金)見学会>省エネ 廃棄物削減 ゼロエミ 琵琶湖博物館/京都商工会議所
----------------------------------------------------------------------------
 平成16年度環境月間行事『環境との共生をめざして』見学会

 省エネ、廃棄物削減、ゼロエミッションに取り組んでいる工場の見学と
 琵琶湖に関する自然、歴史が一目でわかる琵琶湖博物館の見学です

 ●日時:6月18日(金)午前8時20分~午後6時30分
     **午前8時20分京都商工会議所玄関前集合**
 ●見学先:(1) 東陶(TOTO)機器(株)・賀工場
      (2) 積水ハウス(株)・賀工場 => 同業他社のご見学はできません
      (3) ・賀県立琵琶湖博物館
 ●参加費:3,000円(当日拝受致します。昼食代・琵琶湖博物館見学料含)
 ●定員:先着40名様<Gン切バスでご案内します> 

<お問合>
 京都商工会議所 産業振興部 TEL:075-212-6443 FAX:075-255-0428
 E-Mail:shinkou@kyo.or.jp http://www.kyo.or.jp/kyoto/

<お申込>
 会社名、氏名、役職、住所、TEL/FAX、見学会(6/18)参加希望と書いて上記まで

----------------------------------------------------------------------------
 06/24(木)環境と調和したまちづくりの推進・環境先進自治体/京都商工会議所
----------------------------------------------------------------------------
 平成16年度環境月間行事『環境との共生をめざして』 講演会I

 ●日時:6月24日(木) 午後1時30分~同4時30分 
 ●場所:京都商工会議所 教室(2階)
 ●内容:
  (1) 富山市エコタウン事業について~地域内ゼロエミッションを目指して~(仮)
      富山市 環境部 環境政策課 エコタウン推進班長 増山 梅雄 氏
  (2) 琵琶湖・・賀県の環境行政について~行政、企業、市民の動き~(仮)
      ・賀県 琵琶湖環境部 水政課 琵琶湖環境政策室 杉江 弘行 氏
  (3) 京都府産業廃棄物税の概要について
      京都府 企画環境部 産業廃棄物政策室より
 ●参加費:無料
 ●定員:先着50名様

<お問合>
 京都商工会議所 産業振興部 TEL:075-212-6443 FAX:075-255-0428
 E-Mail:shinkou@kyo.or.jp http://www.kyo.or.jp/kyoto/

<お申込>
 会社名、氏名、役職、住所、TEL/FAX、講演会I(6/24)参加希望と書いて上記まで

----------------------------------------------------------------------------
 06/29(火)これからの地球温暖化問題の動きと企業の環境経営/京都商工会議所
----------------------------------------------------------------------------
 平成16年度環境月間行事『環境との共生をめざして』 講演会II

 ●日時:6月29日(火) 午後1時30分~同4時
 ●場所:京都商工会議所 教室 (2階)
 ●内容:(1) 地球温暖化問題に関する当面の課題について(仮)
       経済産業省 産業技術環境局 環境経済室長 岸本 吉生 氏
     (2) 経営と環境の両立に向けて~キヤノンに学ぶ環境経営~(仮)
       キヤノン(株) グローバル環境推進本部 環境統括・技術センター
       センター所長 佐藤 泰文 氏
 ●参加費:無料
 ●定員:先着50名様

<お問合>
 京都商工会議所 産業振興部 TEL:075-212-6443 FAX:075-255-0428
 E-Mail:shinkou@kyo.or.jp http://www.kyo.or.jp/kyoto/

<お申込>
 会社名、氏名、役職、住所、TEL/FAX、講演II(6/29)参加希望と書いて上記まで

______________________________________
(4)京のアジェンダ21フォーラム/ミーティング&行事予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
05/26(水)19:00~えこまつりWG運営会議/朝日ビル
05/27(木)19:00~エコミュージアムWG大原野PJ会議/朝日ビル
05/28(金)14:00~自然エネルギーWG運営会議/気候ネットワーク事務局
06/02(水)10:00~ライフスタイルWG省エネタスク会議/場所未定
----------------------------------------------------------------------------
ご関心をおもちの方は、会員・会員外に関わらず、広くご参加ください。
参加希望・問合せは京のアジェンダ21フォーラム迄 ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

****************************************************************************
週刊あじぇんだ/第57号                      2004/05/19
****************************************************************************
京のアジェンダ21フォーラム http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内
 TEL:075-647-3535 FAX:075-647-3536 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/kaigishitsu/map.htm  編集/西本裕美
============================================================================
「アジェンダ21」とは「21世遂Iへの課題」という意味。京のアジェンダ21フォーラム
は市民・事業者・行政が力を合わせて環境と共生できるまちの姿を描いていきます。
----------------------------------------------------------------------------
 ご意見・ご質問・掲載依頼    E-mail:ma21f-news@jca.apc.org
 登録・解除・バックナンバー閲覧 http://www.jca.apc.org/ma21f/news/
----------------------------------------------------------------------------