●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■旧メールニュース(各号)

****************************************************************************
週刊あじぇんだ/第58号                      2004/05/30
****************************************************************************
   「京のアジェンダ21フォーラム」がお届けする環境まちづくり情報 from 京都
                   http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
今号の内容 =================================================================
(1)「家電製品への省エネラベル」京都府内で継続中!全国への波及も
----------------------------------------------------------------------------
(2)コミュニケーションツール作成に向けて一歩 ◇ エコツーリズムWG
----------------------------------------------------------------------------
(3)生ごみ堆肥化のしくみづくりに向けて ◇ 食の循環WG
----------------------------------------------------------------------------
(4)本の紹介『森へ行こう』/コンシューマーズ京都(京都消団連)無料
----------------------------------------------------------------------------
(5)アジェンダ会員・関係団体の情報
 --------------------------------------------------------------------------
 06/13(日)自然観察会・鞍馬山から貴船を歩こう/フィールドソサイエティー
______________________________________
(1)「家電製品への省エネラベル」京都府内で継続中!全国への波及も
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 京都府内での継続的実施体制づくりへ
----------------------------------------------------------------------------
 「もはやキャンペーンではない。これからは常に省エネラベルが店に貼られている
状態を作っていこう」という合意のもと、4月以降も京都府内約 160店舗で省エネラ
ベルの取組を継続中です。これまで、当キャンペーンは予算確保・執行の都合で取組
時期が年度末となっておりましたが、今年度は京都市より省エネラベル実施関連予算
として 150万円がすでに計上されており、年間を通じた取組としてスタートさせてい
ます。
 これに伴い、これまでの 環境NPO・消費者団体・地域活動団体・販売店・行政によ
る実行委員会の枠組みを維持する形で、新たに「京都・省エネラベル協議会(仮称)」
の設立を検討しています。
----------------------------------------------------------------------------
 全国各地への波及も進行中
----------------------------------------------------------------------------
 先日、地域発省エネラベルの全国展開に向けて、2002年より省エネラベルの取組を
全国に先駆けて行なってきた東京都と、ラベル基準やデザイン、進め方についての調
整を行なってきました。そして、6月から、首都圏の八都県市(東京都、埼玉県、千
葉県、神奈川県、さいたま市、千葉市、川崎市、横浜市)、長野県、高知県家電省エ
ネ実行委員会、そして我々とで、共通の基準に基づく省エネラベルの取組がそれぞれ
スタートします。現在、大手量販店を中心に呼び掛けを行なっているところです。ま
た、NPOや地域協議会が呼び掛ける形での他都市での取組も計画中です。
 これに伴い、京都の省エネラベルの基準を一部見直し(冷・庫については AAA、AA
の基準を厳しく改訂しました)、6月中に新しい全国統一基準に切り替えることを予
定しています。
----------------------------------------------------------------------------
 増えつづけるCO2排出量~国の制度の遅れが明らかに
----------------------------------------------------------------------------
 2002年の日本の温室効果ガス総排出量の概算値が政府から発表されました。1990年
比で 7.6%の増加、特に家庭由来の二酸化炭素排出量は28.8%の増加となっており、
現状の対策のみでは京都議定書目標値の達成は困難であることを国も認めざるを得な
くなっています。経済産業省はこうした状況を受け、今後の方針の一つとして、家電
製品や自動車などのエネルギー消費機器の販売店頭での消費電力量や燃費、省エネ性
能表示の義務化を打ち出しました。
 とはいうものの、これまで経済産業省が推進してきた省エネ性マーク( eマーク)
が、異なる省エネ性能の製品を見分ける表示として不十分であることは家電販売店店
頭ではもはや明らかであり、継続的に実施店を拡大し消費者の支持を得ることで、我
々の五段階表示ラベルの優位性と経済産業省の制度見直しをアピールしていくことが
当面の戦略課題といえそうです。    (ひのでやエコライフ研究所 伊東真吾)
----------------------------------------------------------------------------
 今後の活動予定( 参加ご希望の方は → E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp )
 06/02(水)10:00~ 省エネラベルプロジェクト会議/市役所寺町第2会議室
 06/21(月)13:30~ 省エネキャンペーン実行委員会/市民生活センター
______________________________________
(2)コミュニケーションツール作成に向けて一歩 ◇ エコツーリズムWG
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 5月19日に、「環境にやさしい旅館・ホテル」試行事業第2回実行委員会を開催しま
した。
 今回の実行委員会のポイントは、コミュニケーション。各旅館・ホテルがKESに
取り組む中で課題となっている従業員への周知とコミュニケーション、それからお客
さんの満足度を高める取組のPRをサポートするコミュニケーションツールについて議
論しました。
 その中で、「従業員向けには、環境の取組に関する基本的な考え方を伝えるツール
が必要」、「お客さん、旅行業者などの外部向けにはKESをわかりやすく伝えたい」
「環境計画を載せるのが良いのでは」といった具体的な意見が出され、コミュニケー
ションツール作成に向けて、第一歩を踏み出しました。 (宿泊施設エコ化タスク)
----------------------------------------------------------------------------
 今後の活動予定( 参加ご希望の方は → E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp )
 05/31(月)10:30~ エコツーリズムWG運営会議/市役所寺町第3会議室
______________________________________
(3)生ごみ堆肥化のしくみづくりに向けて ◇ 食の循環WG
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 食の循環WGでは、葵、御室の2学区で生ごみ堆肥化のモデル実験を行っています。
今年度は昨年度試行した実験をまとめ、都市コミュニティ型(中型)循環システムづく
りの政策提言を行う準備を進めます。
 また、市民の関わりを検討する実験の一方で、農業で使える堆肥について研究し、
農家との協働を探っています。今年度は農家や専門家に関わっていただき、研究会を
開催します。現在、コンポスターメーカー等業者との交流会も検討中です。市民と事
業者との協働のしくみづくりに関心をお持ちの方は、フォーラム事務所までご連絡く
ださい。
 なお、昨年度WGで作成した『やってみませんか 生ごみからの堆肥づくり』は今年
度販売または配布できるよう準備中です。興味がある方はフォーラム事務所までお問
い合せください。
----------------------------------------------------------------------------
 今後の活動予定( 参加ご希望の方は → E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp )
 06/14(月)10:00~ 食の循環WG運営会議/場所未定
______________________________________
(4)本の紹介『森へ行こう』/コンシューマーズ京都(京都消団連)無料
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 日本では、古くから森とともに暮らしがありました。ところが「大量生産・大量消
費」型社会の中で、私たちは森との付き合い方を見失い、また開発の波に襲われ、燃
料が化石燃料に、そして原料がプラスチックやアルミニウム等に取って代わられてい
く中で、それらの「供給源」としての森の価値を忘れ去ってしまいました。
 この冊子では、こうした状況下で手入れされず、荒れている日本の森林の現状や、
かつて建材や道具、薪炭の供給源であった森の価値、生命の豊かさや地球温暖化防止
に果たす森林の役割、現在の森林政策などについてイラストやコラムを交えてわかり
やすく紹介しています。
 また、植林や枝打ち、間伐といった森の手入れの基礎知識、自然観察会やハイキン
グの時の装備と心得、身近な森林公園や体験施設の一覧も載っていて、実践にも役立
つ内容になっています。2004年3月刊。
----------------------------------------------------------------------------
 問合せ:コンシューマーズ京都(京都消団連)
     http://hc2.seikyou.ne.jp/home/syodanren TEL:075-251-1001
______________________________________
(5)アジェンダ会員・関係団体の情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 06/13(日)自然観察会・鞍馬山から貴船を歩こう/フィールドソサイエティー
----------------------------------------------------------------------------
 その一円を「鞍馬山自然科学博物苑」と名付け、保護・育成・調査に力を注いでい
る鞍馬山を訪れ、貴船側に沿って自然散策しながら、京都の自然史を辿ります。巨木
との出会いも楽しみです。

日時 2004年6月13日(日)
集合 叡山電車出町柳駅改札口10:00  解散16:00・
参加費 高校生以上1000円(会員800円)中学生以下700円(会員500円)
    鞍馬寺入山料・自然博物館入館料・保険料含む
持ち物 叡山電車往復電車賃(大人820円、子供420円)、昼食、雨具、帽子、メモ・
対象 小学3年生以上(3年生未満は大人同伴)
申込・問合先 フィールドソサイエティー(毎週火・第3月曜休館)
       〒606-8421 京都市左京区鹿ヶ谷法然院町72-2 法然院森のセンター
       TEL:075-752-4582 FAX:075-752-4583
       E-mail: moricent@deluxe.ocn.ne.jp

______________________________________
(6)京のアジェンダ21フォーラム/ミーティング&行事予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
05/31(月)10:30~ エコツーリズムWG運営会議/市役所寺町第3会議室
06/01(火)19:00~ 交通WG公共交通タスク会議/朝日ビル9F会議室
06/02(水)10:00~ 省エネラベルプロジェクト会議/市役所寺町第2会議室
06/07(月)10:00~ コーディネーター会議/市役所寺町第1会議室
06/11(金)~13(日)醍醐環境フェスタ/アル・プラザ醍醐店
06/14(月)10:00~ 食の循環WG運営会議/場所未定
06/14(月)15:00~ 常幹・幹事合同会議/場所未定
06/15(火)14:00~ 自然エネルギーWG運営会議/気候ネットワーク事務局
06/16(水)19:00~ 交通WG自転車タスク会議/朝日ビル9F会議室
06/21(月)13:30~ 省エネキャンペーン実行委員会/市民生活センター
06/26(土)14:00~ 平成16年度総会/京エコロジーセンター
07/01(木)19:00~ えこまつりWG運営会議/朝日ビル9F会議室
----------------------------------------------------------------------------
ご関心をおもちの方は、会員・会員外に関わらず、広くご参加ください。
参加希望・問合せは京のアジェンダ21フォーラム迄 ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp

****************************************************************************
週刊あじぇんだ/第58号                      2004/05/30
****************************************************************************
京のアジェンダ21フォーラム http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内
 TEL:075-647-3535 FAX:075-647-3536 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/kaigishitsu/map.htm  編集/西本裕美
============================================================================
「アジェンダ21」とは「21世紀への課題」という意味。京のアジェンダ21フォーラム
は市民・事業者・行政が力を合わせて環境と共生できるまちの姿を描いていきます。
----------------------------------------------------------------------------
 ご意見・ご質問・掲載依頼    E-mail:ma21f-news@jca.apc.org
 登録・解除・バックナンバー閲覧 http://www.jca.apc.org/ma21f/news/
----------------------------------------------------------------------------