●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■旧メールニュース(各号)

****************************************************************************
週刊あじぇんだ/第98号                      2005/12/18
****************************************************************************
   「京のアジェンダ21フォーラム」がお届けする環境まちづくり情報 from 京都
                   http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
今号の内容 =================================================================
(1)「1万人の京都自転車散歩」を実施しました
----------------------------------------------------------------------------
(2)環境に配慮したお祭りが徐々に普及、食器の貸出も好評 ◇ えこまつりWG
----------------------------------------------------------------------------
(3)アジェンダ会員・関係団体の情報
 ---------------------------------------------------------------------------
 06/01/21(土)環境NGOと市民の集い/環境市民
 06/01/28-29  環境NGOのための組織マネジメント講座/環境市民
 06/02/03(金)(京)次世代都市交通導入フォーラム(16)ソウルの都市交通改変
______________________________________
(1)「1万人の京都自転車散歩」を実施しました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 11月3日(木・祝)~6日(日)の4日間、「1万人の京都自転車散歩」を実施しまし
た。雨の日もありましたが、4日、5日は好天に恵まれ、絶好のサイクリング日和でし
た。自転車ガイドツアーにはのべ 252名にご参加いただき、道路状況や自転車ユーザ
ーの嗜好などの調査アンケートには、500名を超える方に回答していただきました。
----------------------------------------------------------------------------
 今回のイベントは、自転車利用の可能性と楽しさをより多くのみなさんに知ってい
ただき、自転車をもっと利用しやすい社会実現のための条件を考えるかつてない機会
となったと思います。
----------------------------------------------------------------------------
 今後は今回の成果を活かし、京都と日本の自転車利用環境の向上と、自転車の社会
的価値への認識の普及、また自転車マナーなど自転車利用者の自覚と責任意識の形成
に向けて、取組を進めていきます。ご参加、ご協力いただいた方々、どうもありがと
うございました。また、今後にご期待ください。
----------------------------------------------------------------------------
※当日配布した「一万人の京都自転車散歩MAP」は、(財)京都オムロン地域協力
基金より助成を受けました。ありがとうございました。
(全国自転車ネットワーク準備委員会 交通ワーキンググループ・自転車タスクチーム
 山田章博)
----------------------------------------------------------------------------
 問合先:京のアジェンダフォーラム事務所 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
______________________________________
(2)環境に配慮したお祭りが徐々に普及、食器の貸出も好評 ◇ えこまつりWG
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 10月1日、2日に梅小路公園にて開催された京都青年中央会主催の「Cap Festa」では
、
約3万人が会場に訪れ大きな賑わいを見せました。このイベントの内藤実行委員長は、
KES STEP1の認証を取得している(株)ONEの方で、フォーラムを通してえこまつりWGの
活動を知り、「Cap Festa で環境対策を具体的に取り入れてみたい」と思われたそう
です。当日は「環境対策支援便RE-ECO」も出動し、23の飲食店舗全てにリユース食器
(※)を導入。販売されたおよそ15,000食分の食器は、主催者のみならず出店者、地
域の小学生など計70人ほどが力をあわせて洗浄しました。このような大規模なイベン
トでのリユース食器の全店舗導入は、日本で初めてのことです。出店者への事前学習
会の実施、徹底した分別回収の結果、ごみとして出されたのは、90リットルの袋 5つ
分の燃やすごみのみでした。2年に1回開催されるこのイベントでは、これまで毎年200
袋以上のごみが出ていたそうです。来場者や出店者からの評価も高く、ごみ減量に向
けた大きな啓発効果があったと言えます。
----------------------------------------------------------------------------
 また、えこまつりWG有志で構成するえこまつりサポート体制研究会が実施している
リユース食器の無料貸出(京都市内に在住、又は勤務する方が平成18年 2月28日まで
に行う催しが対象)もとても好評です。保育園のバザーやバーベキュー、小さな音楽
イベントや結婚式など、様々な場で活用されるようになりました。今は期間限定の無
料貸出ですが、利用者にアンケートを実施して使用状況を調査し、本格的に実施でき
るか研究しています。みなさんも身近なお祭りやイベントで、ぜひリユース食器を使
用してみてください。(えこまつりワーキンググループ 石原正大)
※リユース食器:使い捨てでない、洗って何度でも使える食器
----------------------------------------------------------------------------
 問合先:京のアジェンダフォーラム事務所 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
______________________________________
(3)アジェンダ会員・関係団体の情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 06/01/21(土)環境NGOと市民の集い/環境市民
----------------------------------------------------------------------------
 地球環境市民大学校 環境NGOと市民の集い
 見たい 聞きたい 話したい! 環境NGOってどんな活動しているの?

「環境NGOと市民の集い」は、環境保全活動への理解を深め、環境NGOのネットワーク
構築と市民の参加をめざし、環境NGOの活動を広く社会に発信する場。今回は「市民
・環境NGO・企業 持続可能な社会への挑戦」と題したシンポジウム(第1部)と、近
畿の環境NGO28団体が活動の内容と成果を発信する「みんな集まれ! 環境NGO活動発
表会」(第2部)を開催します。

日時:2006年1月21日(土)
場所:ぱ・る・るプラザ京都  
  (京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13、JR京都駅北側すぐ)
   交通アクセス http://www.mielparque.or.jp/kyt/kyt01.html
定員:150名
参加費:無料(交流会ご参加には飲食費実費が必要です)

プログラム
 9:30~12:00 第1部 シンポジウム 市民・環境NGO・企業 持続可能な社会への挑戦
13:00~16:30 第2部 みんな集まれ!環境NGO活動発表会(5分科会別に発表予定)
        第1分科会 土・空・水をまもるNGO活動
        第2分科会 森と農村をまもるNGO活動
        第3分科会 次世代を育むNGO活動
        第4分科会 持続可能な地域社会づくりに取り組むNGO活動
        第5分科会 地球温暖化防止に取り組むNGO活動
17:00~    交流会(飲食費実費が必要、3500円程度を予定)

主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金 http://www.erca.go.jp/
   神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 ミューザ川崎セントラルタワー8階
   TEL:044-520-9505(代表) FAX:044-520-2190
企画・運営:特定非営利活動法人 環境市民 http://www.kankyoshimin.org/
申込方法:以下の事項をご記入のうえ、事前にお申し込みください。
     お名前、所属(あれば)、ご住所、電話、FAX、E-mail
     参加希望の部(第1部・第2部・交流会) ※交流会は飲食費実費が必要
     第2部希望の場合は、分科会番号を第2希望まで
問合・申込先:特定非営利活動法人 環境市民
   〒604-0932 京都市中京区寺町通二条下ル 呉波ビル3階
   TEL:075-211-3521 FAX:075-211-3531 E-mail:life@kankyoshimin.org

----------------------------------------------------------------------------
 06/01/28-29  環境NGOのための組織マネジメント講座/環境市民
----------------------------------------------------------------------------
 地球環境市民大学校 環境NGOのための組織マネジメント講座
 市民力を高めよう! "わいわいがやがや" 環境活動スキルアップ

「どうすれば目的にかなった、魅力的で活発な活動ができるだろう……」
「いっしょに活動する仲間を増やしたい」
「行事をしてもなかなか人が集まらない。効果的な広報の方法はないものか」
「うまい人材活用で活動を成功させたい」
「もっと社会に対して影響力がある活動を組み立てたい」
などなど、環境活動の悩みは尽きません。この講座は、講義と豊富な事例を盛り込ん
だ体験型学習の組み合わせで、活動の企画から情報発信の方法、行事当日の運営法、
成果の効果的な活用法など、環境活動をする中で生じる「ぼやき」を「やるき」に変
えるためのスキルアップのための講座です。

日時:2006年 1月28日(土)、29日(日)午前10:00~午後5:00(両日とも)
場所:奈良市男女共同参画センター「あすなら」
   交通アクセス   http://www4.kcn.ne.jp/~asnara/acusesu.htm
参加費:2000円(両日通しで)

講座で学べること(予定):
   ・ 思いを形にする 戦略的な活動企画・プロジェクトづくりの方法
   ・ 実行力と魅力を兼ね備えた企画書の作り方
   ・ 効果的、創造的な会議運営の基本
   ・ 戦略的な広報とインターネットの活用法、チラシづくりの手法
   ・ イベント開催のために必要な準備、当日の運営の基礎知識
対象:・ 環境活動の基本的スキルを身につけたい方
   ・ 環境NGO/NPOのスタッフあるいは中心的なボランティア
   ・ 環境NGO/NPOの基本的な組織運営に関心をお持ちの方
   ・ NGO、自治体、企業など相互理解、パートナーシップに関心のある方、など

主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金 http://www.erca.go.jp/
   神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 ミューザ川崎セントラルタワー8階
   TEL:044-520-9505(代表) FAX:044-520-2190
企画・運営:特定非営利活動法人 環境市民 http://www.kankyoshimin.org/
共同運営団体:特定非営利活動法人 奈良NPOセンター http://www.naranpo.jp/
     〒630-8208 奈良市水門町100旧東大寺学園 TEL:0742-20-5027

申込方法:以下の事項をご記入のうえ、事前にお申し込みください。06/01/20〆切
     お名前、勤務先、所属団体等(あれば)、ご住所、電話、FAX、E-mail
     参加の動機(100字程度で簡潔に)
問合・申込先:特定非営利活動法人 環境市民
   〒604-0932 京都市中京区寺町通二条下ル 呉波ビル3階
   TEL:075-211-3521 FAX:075-211-3531 E-mail:life@kankyoshimin.org

----------------------------------------------------------------------------
 06/02/03(金)(京)次世代都市交通導入フォーラム(16)ソウルの都市交通改変
----------------------------------------------------------------------------
 ソウル特別市は2004年7月よりバス専用中央路線設置、バス路線幹支線体系の改変、
乗り換え施設の改善、交通カード導入等、都市交通システムの改変に取り組んでいま
す。ソウルの都市交通改変の経緯、実施後の結果についてソウル市政開発研究院から
金敬?武謳カを招聘しましてご講演いただきます。

参考資料 ソウル交通システム改変(ソウル特別市HP)
     http://japanese.seoul.go.kr/traffic/traffic_1.html

日時:2006年 2月 3日(金)18:30~21:00
場所:ぱるるプラザ京都(JR京都駅烏丸口)4階 第3議室
   http://www.mielparque.or.jp/kyt/access.htm

演題:Renovation of Seoul Bus System
講師:ソウル市政開発研究院 先任研究員 大衆交通研究団長 博士 金 敬?・氏
   経歴 1960.3.4生まれ、ソウル大学院博士課程卒業、英国Leeds University卒
      京都大学交通土木工学科留学、ソウル大学環境計画研究所勤務
      現在、ソウル市政開発研究院交通研究団長
通訳:ソウル市政開発研究院 研究員 藤田 崇義 氏
   (台北 棋盤式公車路網 最新報告あり)

コーデネーター:まち創生研究所 代表取締役 酒井弘氏
会費:3,000円(学生1,000円)
共催:京のアジェンダ21フォーラム、都市創生交通Network@KANSAI
事務局:(株)モチベート 連絡先: 075-762-1871
申込先:住所、氏名、連絡先、所属、E-mail、TEL、FAXを明記の上、下記まで。
    Email: motivate@mm.em-net.ne.jp FAX:075-762-1872 06/01/28〆

______________________________________
(4)京のアジェンダ21フォーラム/ミーティング&行事予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
05/12/19(月)16:00~ 自然エネルギーWG会議/きょうとグリーンファンド事務局
05/12/20(火)15:00~ 戦略検討委員会/せいきょう会館
05/12/21(水)15:30~ えこまつりWG会議/ラジオカフェ
05/12/26(月)~06/01/05(木)年末年始 フォーラム事務所閉所
06/01/11(水)18:30~ エコミュージアムWG会議/場所未定
----------------------------------------------------------------------------
ご関心をおもちの方は、会員・会員外に関わらず、広くご参加ください。
参加希望・問合せは京のアジェンダ21フォーラム迄 ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
****************************************************************************
週刊あじぇんだ/第98号                      2005/12/18
****************************************************************************
京のアジェンダ21フォーラム http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内
 TEL:075-647-3535 FAX:075-647-3536 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
 http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/kaigishitsu/map.htm  編集/西本裕美
============================================================================
「アジェンダ21」とは「21世紀への課題」という意味。京のアジェンダ21フォーラム
は市民・事業者・行政が力を合わせて環境と共生できるまちの姿を描いていきます。
----------------------------------------------------------------------------
 ご意見・ご質問・掲載依頼    E-mail:ma21f-news@jca.apc.org
 登録・解除・バックナンバー閲覧 http://www.jca.apc.org/ma21f/news/
----------------------------------------------------------------------------