●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■旧メールニュース(各号)

****************************************************************************
週刊あじぇんだ/第119号                      2007/02/06
****************************************************************************
   「京のアジェンダ21フォーラム」がお届けする環境まちづくり情報 from 京都
                      http://ma21f.web.infoseek.co.jp/
今号の内容 =================================================================
(1)愛を感じる旅をしよう2007 ~京都におけるエコツーリズム~  2/11(日)
----------------------------------------------------------------------------
(2)脱温暖化行動キャンペーン公共交通利用促進企画 (1)
   まちなかのお買い物は公共交通がお値打ち!「地下鉄+お買い物=100円バス」
----------------------------------------------------------------------------
(3)脱温暖化行動キャンペーン公共交通利用促進企画 (2)
   公共交通への子どもの利用促進を目指す「地下鉄・市バスを乗りこなそっ」
----------------------------------------------------------------------------
(4)報告書案へのご意見を募集>「まちなかプロジェクト」
----------------------------------------------------------------------------
(5)アジェンダ会員・関係団体の情報
 ---------------------------------------------------------------------------
 2/13(火)ドイツの環境首都エッカーンフェルデ市のキーパースン来日講演/CEF
 2/18(日)カラダを育てよう!カラダの声を聴いてみるのだ!の巻/北青少年センタ
______________________________________
(1)愛を感じる旅をしよう2007 ~京都におけるエコツーリズム~  2/11(日)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 平成18年度 第2回 環境活動交流会
----------------------------------------------------------------------------
 京都をエコツーリズム都市にしていくためには、宿泊施設や旅行代理店などの環境
問題への取組を進めるとともに、観光客が移動するときにCO2 をなるべく出さないよ
うな、交通分野での対策が必要です。このシンポジウムでは、宿泊施設や交通分野で
の環境対策の事例を紹介します。皆でこの問題の解決方策を考えましょう。
----------------------------------------------------------------------------
日時 2007年2月11日(日) 午後 1時30分~3時30分
会場 京都市男女共同参画センター「ウィングス京都」セミナーB
   http://wings-kyoto.jp/01wings/03access.html
   地下鉄烏丸御池駅(5番出口)地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)徒歩5分
内容
・基調講演(40分)
「未来につながる京都観光」~持続可能な京都観光を目指して~
 講演 宗田好史氏(京都府立大学助教授、新京都市観光振興推進計画策定委員)
・事例報告・パネルディスカッション
 報告者(各15分)
 (1)「宿泊施設の環境対策」(大久保 厚氏:コープイン京都)
 (2)「まちなか観光の可能性」(山田章博氏:市民空間きょうと)
 (3)「京都市の秋の観光交通対策」(長谷川吉典氏:京のアジェンダ21フォーラム)
 ○コーディネーター 宗田好史氏
 ○進行 高田光治氏((財)京都ユースホステル協会・京都市宇多野ユースホステル)
対象 一般(中学生以上)
定員 100名(先着順)
申込・問合先 京エコロジーセンター TEL(075)641-0911 FAX(075)641-0912
       氏名、連絡先(TEL、FAX、メールなど)をお知らせください。
       2/10(金)〆切
主催 京エコロジーセンター
協力 京のアジェンダ21フォーラム 
   (エコツーリズムワーキンググループ、交通ワーキンググループ)

本事業は「脱温暖化行動キャンペーン」の一環として開催します。
「脱温暖化行動キャンペーン」については → http://www.datsuondanka.org/
----------------------------------------------------------------------------
 問合先:京のアジェンダフォーラム事務所 ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
______________________________________
(2)脱温暖化行動キャンペーン公共交通利用促進企画 (1)
   まちなかのお買い物は公共交通がお値打ち!「地下鉄+お買い物=100円バス」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 公共交通を利用して脱温暖化!家庭においては自動車が最も多くの二酸化炭素を排
出します。脱温暖化行動キャンペーンの期間中、公共交通を利用してまちなかへ来た
人に対し、特典をプレゼントします。地下鉄に乗ってまちなかへ出かけてみませんか。
----------------------------------------------------------------------------
期間:2007年2月1日(木)から25日(日)まで
内容:
1.京都市営地下鉄1日乗車券(※1)を購入する(大人600円、子ども300円)
 購入場所:地下鉄各駅有人改札口、市バス・地下鉄案内所、定期券発売所、
 地下鉄駅売店
2.地下鉄でまちなかに行って、協力店舗で500円以上のお買い物をする。
 お支払い時に当日有効の地下鉄1日乗車券を提示する。
3.市バスの100円循環バス(※2)無料乗車券(2月1日から25日まで有効)を
 プレゼント!(100円循環バス運行日:土日・祝日)   
 ※1.京都市営地下鉄1日乗車券:
   http://www.city.kyoto.jp/kotsu/ticket/ticket.htm#subway_1day
 ※2.市バスの100円循環バス:
   http://www.city.kyoto.jp/kotsu/news/100yenbus.htm
----------------------------------------------------------------------------
協力店舗
 新風館 全店舗 http://www.shin-puh-kan.com/
 京都三条ラジオカフェ http://radiocafe.jp/c_shoukai/index.html
 Social Design Cafe soboro(京都文化博物館別館南側) http://www.soboro.jp/
 ゼスト御池 全店舗 http://www.zestoike.com/
 大垣書店 烏丸三条店 http://www.books-ogaki.co.jp/ogaki-karasuma/index.htm
 焼肉料理屋 南山永源寺館・南山はなれ http://www.nanzan-net.com/

主催:京のアジェンダ21フォーラム
協力:京都市交通局
----------------------------------------------------------------------------
 問合先:京のアジェンダフォーラム事務所 ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
______________________________________
(3)脱温暖化行動キャンペーン公共交通利用促進企画 (2)
   公共交通への子どもの利用促進を目指す「地下鉄・市バスを乗りこなそっ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 京都市営地下鉄と市バスの子ども用1日乗車券を、希望する市内の小学生に無料
配布しています。
 応募者には、2月中に乗車券を使って地下鉄かバスに乗り、利用区間などを報告
していただきます。お送りいただいた報告をもとに、自動車と比較した場合の二酸
化炭素の削減量を計算し、フォーラムから各参加者にご報告します。
----------------------------------------------------------------------------
応募条件:下記の3つすべてを満たす方
 1.京都市内の小学校に通学される児童
 2.1日券の利用方法や感想などを報告できる方
 3.移動の際には必ず保護者が同伴できる方
 (移動時の保護者の1日券は自費で購入してください)
応募方法:
 名前、住所、学年、電話番号、希望する乗車券の種類(地下鉄か市バス)
 を明記したメモと80円切手を張った返信用封筒を同封し下記宛先まで郵送。
締切・定員:2007年2月20日必着。先着400名様。
宛先
 〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内
 京のアジェンダ21フォーラム事務所
主催:京のアジェンダ21フォーラム
----------------------------------------------------------------------------
 問合先:京のアジェンダフォーラム事務所 ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
______________________________________
(4)報告書案へのご意見を募集>「まちなかプロジェクト」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 本年度の重点プロジェクト「まちなかプロジェクト」では、昨年11月と12月に実施
した都心アンケート調査と都心駐輪場利用実態調査の報告書案をとりまとめ、広く皆
様からのご意見を募集しています。
 報告書案は「まちなかプロジェクト」のウェブサイトで公開しています。ご関心を
お持ちの皆様、報告書案をご一読いただき、ご意見や推進すべき施策のご提案等をお
寄せください。
----------------------------------------------------------------------------
報告書案
 『京都市都心の交通に関するアンケート調査 報告書(案)』
  http://machinaka.traffic.ifdef.jp/2006churinjo_report.pdf 1.14MB PDF
 『京都市都心部駐輪場の利用実態調査 報告書(案)』
  http://machinaka.traffic.ifdef.jp/2006machinaka_report.pdf 1.14MB PDF
----------------------------------------------------------------------------
パブリック・コメントの締切: 2007年2月15日(木)
ご意見等の送付先:電子メールで担当者(長谷川)までお送りください。
E-mail: kiha22@mbox.kyoto-inet.or.jp
----------------------------------------------------------------------------
関連情報
 「まちなかプロジェクト」ウェブサイト http://machinaka.traffic.ifdef.jp/
 交通WGウェブサイト「京の交通交流ひろば」 http://traffic.ifdef.jp/
----------------------------------------------------------------------------
 問合先:京のアジェンダフォーラム事務所 ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
______________________________________
(5)アジェンダ会員・関係団体の情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 2/13(火)ドイツの環境首都エッカーンフェルデ市のキーパースン来日講演/CEF
----------------------------------------------------------------------------
 京都議定書 第1約束期間スタートまであと1年!
 環境・経済・社会的公正が共存する、持続可能な地域社会を描く
 ドイツの環境首都 エッカーンフェルデ市のキーパースン
 ミヒャエル・パクシース氏 来日講演

 エッカーンフェルデ市は、ドイツ北部、デンマークとの国境に近いバルト海に面し
た人口23,000人のまち。環境をより良くするとともに、経済・雇用を確保し、さらに
福祉、社会保障などの社会的公正を高める、持続可能な発展をし続ける取り組みを市
民参画で行ってきました。人間中心の交通政策、環境産業の育成、自然・景観を大切
にした都市計画、自然復元、体験を重視した環境教育……誰もが住みつづけたいと思
う“住むに値するまち”を実現させてきたのです。1994年にはドイツの「環境首都」
に選ばれています。
 今回はその具体的な事例やプロセスを紹介し、日本において持続可能な地域社会を
どう創っていくべきか、日本の環境首都コンテストの事例も踏まえつつ考えます。
 今回エッカーンフェルデからお招きするパクシース氏は、ユニークな発想でまちづ
くりを行っているエッカーンフェルデ市のキーパーソン。市役所の横断的な環境行政
を進めるとともに、NGOとも密接な協働を図っています。
> ミヒャエル・パクシース(Michael Packschies)氏プロフィール
エッカーンフェルデ市自然保護・景観保全課長
1957年生まれ。大学では地理学、地学、海洋学を専攻。
1984年-1985年「地史本部」勤務中、エッカーンフェルデ市の依頼により、市全域の
環境・景域調査を実施。その後エッカーンフェルデ市に自然保護・景観保全担当職員
として契約雇用、その後正式雇用。
1990年 同市が自然保護・景観保全担を設置するにともない同課長に市が94年に環境
首都に選定されるエコシティづくりの取り組みの中心的な役割を果たした。また環境
や自治体の仕事をわかりやすく歌で表現する「市民デュオ」を結成し好評。CDも出す
など活躍中!

と き:2007年2月13日(火) (受付開始18:00、開演18:30、終了21:00)
ところ:池坊短期大学 美心館 42教室 4F
交通アクセス:阪急京都線「烏丸駅」・京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」下車、
26番出口および市バス「四条烏丸」下車、西へ徒歩2 分
参加費:500円(環境市民会員)/800円(環境市民会員外)
定 員:100人(定員になり次第締切)
申込み:住所、氏名、連絡先電話、FAX、Eメールアドレス、環境市民の会員または
    非会員を明記の上で環境市民迄。 なお、当日参加も可能ですが、できるだ
    け事前の申し込みをお願いします。E-mail:ecocity@kankyoshimi.org

こんな方におすすめ!
 環境のまちづくり(持続可能な地域社会)に関心のある方
 環境のまちづくり(持続可能な地域社会)を学んでいる学生の皆さん
 自治体や企業で環境政策を担当している方、環境と産業の両立に関心のある方
 市民参画によるまちづくりに関心がある方
 地球温暖化防止を地域から戦略的にすすめたいと考えている方

備考:独日逐次通訳あり
主催:NPO法人 環境市民 
共催:環境首都コンテスト全国ネットワーク

問合・申込先:特定非営利活動法人 環境市民
 〒604-0932 京都市中京区寺町通二条下ル呉波ビル3階
 E-mail ecocity@kankyoshimi.org TEL:075-211-3521 FAX:075-211-3531  

----------------------------------------------------------------------------
 2/18(日)カラダを育てよう!カラダの声を聴いてみるのだ!の巻/北青少年センタ
----------------------------------------------------------------------------
 ecoカフェ2月

 一番身近な"自然"って,よく考えてみると"自分のカラダ"だよね。
 そんな自分のカラダだけど,知っているようであまり知らないと
 思いませんか?今回のecoカフェでは,自分のカラダとじっくり
 向き合ってみようと思います。
 目からウロコなことが盛りだくさんかもしれませんよ!

こんなことをやります!!
 1)“ニコニコタッチセラピー”と“ヨガ”の体験。
  ※普段あまり意識することのない“体の動き”や“体との
   コミュニケーション”を改めて意識してみます。
  「収縮拡張反射理論」に基づいて,皮膚の表 面上に一定
   の方向付けをする,手による身体調整法で,人の体は
  「上げる」と整うところ,「下げる」と整うところ,
  「開く」と整うところ,「締める」と整うところがあるので,
   整う方向へさするという簡単セラピーです。
   簡単でそしてすぐに効果が出て,思わずニコニコしてしまう
   のでニコニコタッチセラピーと言う名前になったらしい・・・。
 2)カラダのオハナシ
  季節に合わせた体メンテのポイントなど等,自分の体と周りの
  環境とのつながり等についてお話を伺います。

日時:平成19年 2月18日(日)14:00~17:00
場所:北青少年活動センター 調理セミナー室
対象:京都市内に在住・在勤・通学先のある中学生から30歳までの方
定員:20名
参加費:500円
申込み:平成19年 1月18日(木)13:00~先着順に受付
主催:京都市,(財)京都市ユースサービス協会(北青少年活動センター)
講師:津田 啓史(つだ ひろふみ)
  12歳でヨガの独習を始めたあと,各種健康法や武道などに興味を持って追求。
  25歳から10年間,大槻ヨガでヨガ指導者として活躍後,ミュートネットワーク
  に参加。整体・快気法・にこにこタッチセラピーを学び,2000年,新大阪に
  ミュート大阪健康道場を開設。2006年11月に新大阪健康道場と改称し,
  ミュートネットワークより独立。
  趣味は尺八,たき火,日帰り温泉めぐり,カヌーによる川下りなど。

問合せ・申込み先:京都市北青少年活動センター http://www.ys-kyoto.org/kita/
 〒603-8165 京都市北区紫野西御所田町56 北区総合庁舎西庁舎内
 TEL 075-451-6700/e-mail kitakita@csc.jp
 平日10時~21時,日祝10時~18時,水曜日休館

______________________________________
(6)京のアジェンダ21フォーラム/ミーティング&行事予定
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2/09(金)10:00~ 脱温暖化行動キャンペーン・省エネ相談所/各区役所・支所
2/16(金)10:00~ 脱温暖化行動キャンペーン・省エネ相談所/各区役所・支所
2/19(月)15:00~ 自然エネルギーWG会議/気候ネットワーク
2/27(火)時間未定 中小企業者の社会貢献事業・出前授業/京都市立藤森小学校
----------------------------------------------------------------------------
 参加希望・問合せは京のアジェンダ21フォーラム迄 ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
****************************************************************************
週刊あじぇんだ/第119号                      2007/02/06
****************************************************************************
京のアジェンダ21フォーラム http://ma21f.web.infoseek.co.jp/
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京エコロジーセンター内
TEL:075-647-3535 FAX:075-647-3536 E-mail:ma21f@mbox.kyoto-inet.or.jp
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/ma21f/kaigishitsu/map.htm  編集/西本裕美
============================================================================
「アジェンダ21」とは「21世紀への課題」という意味。京のアジェンダ21フォーラム
は市民・事業者・行政が力を合わせて環境と共生できるまちの姿を描いていきます。
----------------------------------------------------------------------------
 ご意見・ご質問・掲載依頼    E-mail:ma21f-news@jca.apc.org
 登録・解除・バックナンバー閲覧 http://www.jca.apc.org/ma21f/news/
----------------------------------------------------------------------------