●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■記事

2006/08/25

平成18(2006)年度プロジェクト決定

去る6月27日に開催した平成18年度総会で会員の皆様よりご承認いただいたとおり、平成18年度の京のアジェンダ21フォーラムはパートナーシップの構築や事業の創出といったフォーラムの使命の実現を目指し、ワーキンググループ(WG)の活動を母体に生み出された「プロジェクト」を中心に事業の選択と集中を進めることとしています。

平成18年度のプロジェクトとしては各WGより合計10のプロジェクトが提案されました。この提案を受け、同じく総会で新設が承認された企画会議において、提案されたプロジェクトから重点プロジェクトを選定しました。

以下、平成18年度のプロジェクトの実施についてご紹介します。

〈重点プロジェクト〉

●「歩いて楽しいまちなか戦略」実現に向けた市民参加機会 の創出
「都心の交通システムの変革」という重要テーマについて、動き始めた京都市の政策に関わりつつ実現を目指します(「歩いて楽しいまちなか戦略」の詳細は2ページをご参照ください)。

〈主要プロジェクト〉

●環境取組事例集の作成
KES(KES・環境マネジメントシステム・スタンダード)に取り組む企業の活動を後押しするため、事例集を作成します。

●京都・自然エネルギーネットワークづくり
自然エネルギーの普及促進のため、太陽光発電等のユーザー相互のつながりを強め、また新規ユーザーを呼び込む組織立ち上げのための活動を行います。

〈実施プロジェクト〉

●公共交通利用促進事業市バス冊子発行
マイカーから公共交通への転換を促すため、便利になった最新の市バスの具体的な使いこなし方を紹介する冊子を発行します。

●旅館・ホテル省エネ診断事業
省エネ診断を通して、旅館・ホテル分野での省エネルギーによる経営改善のモデルケースを作成します。

●木質バイオマス・プロジェクト
森林資源の有効利用と化石燃料消費削減を狙いとした丸太ボイラーの実用性に関する調査研究を行います。

●環境に優しい修学旅行の提案チラシ発送
京都を修学旅行で訪れる学校を対象に環境配慮の視点からの事前学習と旅行中の実践を促すチラシを作成し送付します。

各プロジェクトの進捗状況や成果は今後随時お知らせします。どうかご注目ください。また、会員の皆様のプロジェクトへの参加も歓迎します。事務所までご連絡ください。