●当フォーラムの紹介

当フォーラムは京都市を拠点とし、さまざまな主体のパートナーシップで持続可能な社会の実現を目指す組織です。

●ワーキンググループ

当フォーラムでは、ワーキンググループ(WG)という名の分科会を複数設け、さまざまな取組を行っています。

●情報倉庫

当フォーラムの活動紹介をはじめ、京都市を中心とした、さまざまな環境情報を発信する広報活動を行っています。

■記事

2008/04/01

2007(平成19)年度第6回幹事会・第5回常任幹事会
来年度事業計画案のテーマは「10周年を迎え、次のステージへ」

3月28日(金)京都市役所寺町第1会議室において、2007(平成19)年度第6回幹事会・第5回常任幹事会合同会議が開催されました。今回は主に、京都市地球温暖化対策政策提言プロジェクトの中間報告とフォーラムの新年度の事業計画案についての活発な意見交換が行われました。

1998(平成10)年11月23日に設立されたフォーラムにとって、2008(平成20)年度は10周年を迎える節目の年度になります。今の段階では、京都市が目標としている「2010年に1990年比で温室効果ガス排出量を-10%に」の達成はたいへん厳しい状況にありますが、フォーラムでは本年度の総会において、2007・2008・2009年度の複数年度にまたがる活動方針を定め、持続可能な京都の実現に向けて事業を推進しています。2008(平成20)年度の事業計画案は、その活動方針の具体化の2年目にあたるもので、下記の内容とすることになりました。

2008(平成20)年度事業計画(案)
「10周年を迎え、次のステージへ」

特徴は次の2点です。

具体的な事業内容の案は以下の通りです。

〈1〉京のアジェンダ21推進に向けた長期的戦略の検討 兼 10周年記念シンポジウム

中長期的な京都の未来像への戦略的な検討については、フォーラム設立10周年の節目の事業を兼ねて、シンポジウムを軸に実施します。内容については、フォーラムの内藤正明代表とフォーラムの浅岡美恵幹事(案)をメインとして、2010年-10%の達成が厳しい京都の現状を踏まえつつ、しかし進むべき未来像を提示し実現に向けた取組推進の意思を共有するといった基調対談としてはどうかとの意見が出されました。

〈2〉新しい組織体制のもとでのWGの運営

2007(平成19)年度の京都市地球温暖化対策政策提言プロジェクトの成果を受けて、「企業活動WG」「エコツーリズムWG」「交通WG」「えこまつりWG」「自然エネルギーWG」の5つのWGの分野毎に提言内容の深化と具体化を目指す取組を推進します。

1)WG活動
活動の担い手となる新たな参加者を迎えつつ、政策の実現に向けた詳細検討やWGとしての活動の方向性を議論する、会議や勉強会などのWG活動を継続的に行います。各WGの運営には事務局が責任を持ってあたるほか、幹事も担当するWGを持ち、WG活動とのつながりを深めます。

2)調査研究
提案を事業や政策の実現まで育て上げる際に必要な、実証的な調査や詳細な検討分析などを行えるよう、WGが調査研究活動を実施するための新たな予算枠を確保します。

〈3〉プロジェクトの実施

複数年度にまたがる活動方針の考え方のとおり、前年度の取組を引き継ぎ発展させるかたちで、下記のプロジェクトを実施します。

1)脱温暖化行動キャンペーン
京都の各主体が連携して脱温暖化社会の実現を目指す「脱温暖化行動キャンペーン京都ネットワーク」に引き続き参加し、取組を継続発展させます。

2)家庭の省エネルギー対策プロジェクト
フォーラムでは2006・2007年度と、「脱温暖化行動キャンペーン」における省エネ相談所の開設を中心に取り組んできた、家庭の省エネ活動を推進する働きかけを、今後さらに効果的に、継続性を持って推進する体制づくりの検討と試行を各関係主体と連携しながら行います。

3)京都環境コミュニティ活動(KESC)プロジェクト
一昨年度・昨年度と京エコロジーセンターの地球温暖化防止モデル事業に採択され取組を発展させてきましたが、過去2年間の取組成果と課題を踏まえて活動の方向性の確認や実施体制の再検討を行い、新たなモデルを試行して環境コミュニティ活動をステップアップさせていきます。

今後、幹事会の議論を踏まえ、事務局が事業計画案を練り上げ、次回の幹事会(5月下旬を予定)で、総会議案として機関決定します。

2008(平成20)年度フォーラム総会
6月13日(金)18時~19時 からすま京都ホテル

新年度のフォーラム総会は、6月13日(金)18時~19時、「からすま京都ホテル」(烏丸通四条下ル)で開催することになりました。会員の皆様への詳しいご案内については、後日、議案書などとあわせて送付させていただきます。ご参加をよろしくお願いいたします。